恋愛ブランク

恋愛を少しお休みしてた人は婚活・恋活パーティーがオススメです

30代・40代になると仕事も忙しくなり、慌ただしく過ごされている方も多いのではないでしょうか。
恋愛はしたいけど、なかなかそこまで気が回らないという声もよく聞きます。
今はいいかなと思っていたら、あっという間に数年経っていたということも他人事ではありません。
恋愛ブランクを脱するには第一歩を踏み出すのが何より大事。
第一歩は婚活・恋活パーティーの参加が最適です。

恋愛ブランクが長いほど理想は高く、自己評価は低くなる?

恋愛にブランクが生じてしまうのは仕方のないことです。
社会人になれば、責任も増し恋愛に全てを費やすのも難しいからです。
しかし、ブランクの期間が長いとデメリットも生まれます。

デメリットの第一は、ブランクの期間が長くなるほど、恋愛に対して腰が重くなってしまうこと。
仕事や趣味などが充実するほどなおさらでしょう。
腰が重くなっていることを自覚できたら収穫です。
立ち上がるだけで、状況は変わります。

第二に、恋愛のブランクは期間に比例して、非現実なものとして捉えがちになってしまうこと。
簡単にいうと、恋愛を心で感じることが薄れ、無意識に頭で考えがちになります。
頭で考えることが多くなると、現実より想像が強まり、恋愛の理想が高くなる傾向があります。
年齢を重ねると人生経験も加わるので、その傾向は顕著です。

その反面、自己評価は下がりがちになります。
しばらく恋愛をしていないという自信のなさが、そのまま自分に対しての自信のなさにもつながります。

このように、恋愛のブランクは理想は高まるが、
自信は下がるというアンバランスな心理状況を引き起こす可能性があるわけです。
その結果、自分自身が分からなくなり、もう恋愛はいいやという結論になる人がいるのでしょう。
個人決断ですので、それもいいと思います。
ただ、このブログを読んでいただいている方は、恋愛を諦めている人ではないと思います。

第一歩は現場の雰囲気に触れること

恋愛のブランクを脱するには、新たな出会いを見つけなくてはいけません。
そのためには、異性と出会える場所に足を運ぶことです。
出会いの場の雰囲気を体感することが、今の自分の状況や心境に変化を呼び起こす第一歩です。
そのなかで、婚活・恋活パーティーはベストです。

婚活パーティーでは、積極的に異性と話さなくてはいけません。
しかし、進行は運営側が進めるので、進行に身を任せれば、
奥手の人でも気後れすることは少ないでしょう。

複数の異性と話すことによって、少しお休みしていた感覚を取り戻すきっかけになるのではないでしょうか。

婚活パーティーにはカップリングがありますが、即交際の義務はありません。
今後の展開は当事者同士が決めることです。
恋愛ブランクがある場合、どうしても慎重になり、恋愛感情が遅れがちになります。
あるいは、どうしたらいいかわからない局面もあるでしょう。
その場合、相手に正直に伝え、じっくりお友達からお付き合いしていくのも素敵なことです。

コンフェスタの婚活・恋活パーティーは

コンフェスタでは、婚活・恋活初心者、初めての方、多忙で少し恋愛をお休みしていた方に多く参加していただきたいと考えています。
その為、婚活パーティーの経験がない方が参加して、気遅れしないように配慮しています。

大手の婚活パーティーの参加人数は男女それぞれ20名以上が一般的です。
私もそうでしたが、参加人数が多いとそれだけ出会えるような気がします。
残念ですが、それは錯覚で、参加人数と一人と話せる時間は反比例します。
そして、「初めまして」を一度に20回も30回も繰り返すと誰でも疲れます。
その割に全員を覚えられない。ここでも疲労と記憶が反比例です。

コンフェスタは参加人数の設定を、大手の半分程度の男女共10名前後にしています。
会話時間は前半だけで、一人あたり5分以上は確保しております。
初参加や奥手な人でも、雰囲気に押されずゆっくりお話できる進行を心がけてます。
我々の意図が通じているのか、大手でよく見かける常連そうな人がいないのが特徴です。

・少し興味はあるが、参加するには気後れがある。
・以前婚活パーティーに参加したことはあるが、人ばかりで圧倒されてしまった。
・恋愛ブランクがあるので、上手く異性と話せるか不安だ。
・慎重派なので、じっくり異性とお話したい。
1つでもあてはまる方はコンフェスタの婚活・恋活パーティーが向いてます!!
気を楽にして、ご参加していただけたらと思います。