参加者の特徴

KonFestaパーティー参加者の特徴を紹介します

コンフェスタの婚活・恋活パーティーを開催するようになって約3ヶ月。
日に日にお問い合わせも増え、感謝する毎日です。
その中で、「パーティーじたい初めてなんだけど、どうしたらいいですか?」というご質問を多くいただきます。
興味はあるけど、何か不安だという方も多いのかなと思います。
3ヶ月の短い期間ではありますが、会を重ねるうちに、
ご参加いただいた皆様の特徴のようなものが見えてきました。
ここでは、主催者として感じたことを紹介してみます。
もし、ご参加を検討している方は参考にしてみてください。

一人参加が多いです

参加は圧倒的にお一人での参加が多いです。
お一人でのご参加は、男性9割・女性8割といったところでしょうか。
ご自身の判断で決められているのでしょう。

ただ、婚活パーティーが初めての場合、緊張すると思います。
皆さん、きっとそうだと思います。
ですが、参加者ほぼ全員が自分と同じだと思っていいただければ少し緊張も和らぐでしょう。

お友達との参加は、知っている人が近くにいるという安心感があります。
お一人での参加は、お友達のことを気にしなくていという自由さがあります。
どちらで、ご参加いただいても、進行は我々スタッフが行いますので安心してご参加ください。

初参加・久々のパーティー参加の方が多い

コンフェスタのパーティーの特徴は婚活パーティー初参加、あるいはかなり久しぶりという方が多数です。
先日、「10年ぶりです」という声もありました。
裏を返せば、こなれた参加者がいないということです。

初参加、慣れていない参加者の方は、主催者から見ると時にたどたどしくぎこちなく映ります。
わからないことが多いので、あたりまえです。
でも、ご安心ください。
コンフェスタのパーティーはお一人とお話する時間を他社より長めに設定しております。
慣れていなくても、すぐに溶け込める構成になっております。

ガツガツした人がいない

自分の目的のためなら一直線・・、といったガツガツ感丸出しの人がいないのも特徴です。
よく大手の大人数のパーティーに行くと、ルール無視・自分の欲望剥き出しの人を見かけます。
そういった人たちにとって、コンフェスタのパーティーは魅力を感じないのでしょう。

そういう人たちに反し、コンフェスタの参加者の皆様からは、
あまりせかせかしないで会話がしたいという意向を感じます。
落ち着いて会話をしたいという雰囲気です。
特に男性は、席を譲り合ったり、女性の飲み物を取りに行ってあげたりと、
紳士的な方が多いのも強く印象に残ってます。

安定した30代・40代のご参加です

パーティー開始前や開始後に参加者の方と雑談させていただいたことが何度かありました。
皆さん共通していたのが、「仕事ばかりできてしまった」とお話しされていたことです。
先日、20代の頃独立されたという40代の弁護士の方にご参加いただきました。
「20代・30代の頃は仕事一筋できてしまった、今は安定し、
任せれる部下も増えようやく余裕ができたんです。」と。

勝手な私の実感ですが、仕事一筋できてしまった30代・40代は男性・女性共に多いです。
仕事が安定し、結婚や交際に目を向けれるようになったという参加者が多い印象です。
それが、無駄にガツガツしていない要因でしょう。
ご自身の生活を確立しているからこそ、安定感が雰囲気からもにじみ出ているのかなと思います。

人柄重視で選ぶ人が多い

カップリングの際、印象的なのが人柄重視で異性を選ぶ参加者が多いのも印象的です。
年齢や年収、ルックスなど条件重視で選んでいない傾向が強いです。
以前のブログでも紹介しましたが、最年長の女性が一番人気だったということがありました。
最近では、最年長の男性が一番人気ということもありました。

コンフェスタのパーティーでは、会話時間を長めに設定してますので、一定時間話すことで、
人柄や接しやすさを最重視して選んでいることが分かります。
短い時間での何となくの印象に頼らない、素敵な傾向だと思います。

カップリングとは別に、メッセージカードというものも記入していただいております。
これは、希望者の方にご自身の連絡先にメッセージを添えて渡すカードです。
このカードの記入率が高いのも特徴です。
カップリングは少しの行き違いで成立しないこともあります。
ですが、これだけメッセージカードの記入率が高いということは、
仮にカップルにならなくても、後日連絡を取り合って、交流が始まるケースも多いと思います。

(余談)トイレに行く人が多い

コンフェスタのパーティー参加者はトイレに行く人が多いです。(笑)
パーティーを開催したばかりの頃はよく、(頼みますよ~)と思っていました。
もしこれがバスツアーなら、サービスエリアごとに休憩で先に進めないでしょう(笑)
トイレが近いわけではないんです、皆さん、緊張感をもって参加いただいているからとわかりました。
だとしたら、我々主催者側がもっとリラックスできる環境作りをしなくてはいけないと反省もしました。
ですが、多少でも緊張感を抱いて参加していただいた方が、パーティーの真剣度もあがり雰囲気もよくなります。

なので、会場はトイレの配置にもこだわることにしました。
特に新宿の会場はスペース内に広めのトイレ完備です。
これで、トイレ待ちということもなくなりました。
進行はゆっくりじっくりで行いますので、例えトイレに行っても出遅れることもありません。
全くの余談でした。

 

以上、コンフェスタパーティーの参加者の傾向と特徴を紹介させていただきました。
何かひとつでも自分と共通するなあと感じた方、感覚が近い方と知り合うチャンスです。
初めての参加は気後れすることもあるかと思いますが、半歩足を進めてみてはいかがでしょうか?
その時を境に何かが変わるかもしれません。