ジョハリの窓

『ジョハリの窓』を知って、コミュニケーションに役立てよう

出会いの場で、問われるのが初対面の異性とのコミュニケーション力です。
コミュニケーション力が高いほど、婚活・恋活でも有利になることは言うまでもありません。
では、そのコミュニケーション力を高めるにはどうしたらいいのでしょうか?
技術も大事ですが、まずは基礎を固めることが重要です。
今回は、「ジョハリの窓」を参考に考えてみます。

ジョハリの窓とは

ジョハリの窓とは、1955年アメリカの心理学者であるジョセフ・ルフトとハリー・インガムが発表した、「人間関係における気づきのグラフモデル」のことをいいます。
後に二人の名前をとり「ジョハリの窓」と呼ばれるようになりました。

人間には4つの窓があると提言しています。
その4つの窓とは、
①開放の窓=自分も他人も知っている自分
②盲点の窓=他人は知っているが、自分は知らない自分
③秘密の窓=自分は知っているが、他人は知らない自分
④未知の窓=自分も他人も知らない自分
のことをいいます。

この4つの窓を、自分の意志で大きくしたり、小さくしたりすることで、
人間関係をスムーズにしたり、コミュニケーションを円滑なものにできるとされています。

自己開示

人は、自分に開放的に接してくれた人に親近感や信頼感を抱きやすい傾向があります。
これを自己開示の返報性とよびます。
例えば、「映画はお好きですか?」との問いに、「好きです。」と「好きです。先週、○○を観に行きました。」との返答、どちらが会話が弾みやすいでしょうか。
明らかに後者ですが、ここでは自己開示が付け加えられているからといえます。

4つの窓でいうと、①開放の窓をより広くすることが自己開示につながります。
言い換えると、③秘密の窓を小さくすることで開放部分を大きくすることが可能です。
謎めいた部分があったほうが魅力的とよく聞きますが、それは一定の人間関係内でのこと。
初対面の場合、わからない、あるいは不気味・不信とも捉えかねられません。

浅い段階での人間関係で、全て包み隠さずというのはどうかと思いますが、状況に応じて自己開示したほうが、コミュニケーションの円滑化に有効です。
いつまでたっても、自分のことを話さない人を好きになれますか?ということです。

フィードバック

①開放の窓を広げる方法として自己開示の他に、フィードバックがあります。
これは、他人からの意見を取り入れるという方法です。
誰しも、自分を知るというのは難しいものです。
より自分を知るということは②盲点の窓をいかに小さくするかということです。

身近な人に、自分に対しての印象を言ってもらうのが最善でしょう。
しかし、改めて聞くのも照れくさいものです。
その場合、普段の会話の中で、自分に対する言葉を残しておくのがいい方法です。
例えば、「○○さんって、負けず嫌いだよね。」と何人かから言われた場合、もし自分では負けず嫌いとは思っていなくても、他者からは負けず嫌いなわけです。
自分には負けず嫌い要素があると認識しておくだけで、人との接し方は変わるはずです。

このように、他社からの意見をフィードバックすることで、②盲点の窓を小さくし、①開放の窓を大きくするのが人間関係を円滑にするひとつの方法です。
誰だって、自分の欠点になかなか気づかないものです。
しかし、気づいていない欠点で人を不快にさせていることだってありえるのです。
だとしたら、自分の盲点は少ないほうがいいわけです。

自己開示と自己顕示欲は違う

たまに自己顕示欲のカタマリのような人をお見かけします。
この場合、①開放の窓が自分では広いつもりでしょうが、
実際は小さく②盲点の窓が大きすぎるのが要因でしょう。

こうなると、自分が思っている自分と、他者から見られている自分とのギャップばかりが広がり、コミュニケーションは難しいでしょう。

婚活・恋活で4つの窓を意識する

ジョハリの窓を婚活の場に適用してみましょう。
①開放の窓を大きくすることで、自己開示につながります。
心を開かなくては、相手も心を開きません。

②盲点の窓についても目を背けるか直視するかで変わってきます。
短所は自分の課題と素直に受け止め、長所は自信にすべきです。

③秘密の窓もできたら小さいほうがいいでしょう。
婚活・恋活は1対1のコミュニケーションです。
いつまでも秘密にできるものではありません。
隠して苦しいのなら、自己開示してしまったほうがよほど楽です。

つい、理論武装的に述べてしまいました。
ここで言いたいのは、ありのままの自分は実は自分が一番分かっていないかもしれませんよということです。
自分がどういう人で、どのような異性が好きなのか。
立ち止まって見つめてみるのも大切です。

自分の長所も短所も自分の中で受け入れることができたら、相手の長所や短所も受け入れられるでしょう。
そうなれば、相手に対する理想も変わるかもしれません。
是非、ジョハリの4つの窓を参考に、婚活・恋活に役立ててみてください。