L字型席

L字型に座り親近感をUPさせよう

婚活の場で出会った人と、食事などに行く場合、いかに距離感を縮めるかが重要です。
しかし、異性ということに加え、ほぼ初対面だということで緊張し、
なかなか自分をだせなかったということもあるものです。
食事の際、ちょっとした席の座り方でリラックスできる方法があるのです。

L字型とは

L字型とは読んで字のごとく、アルファベットのLのように着席すること。
相手と90度の角度で座ることです。
四人掛のテーブルに斜め同士に座る方法です。

このように着席させるレストランもありますが、
一般的な飲食店では向かい合って着席するスタイルが圧倒的です。
最近では、L字型シートを完備しているお店も増えました。
ですが、まだまだ少数ですので、事前に調べておく必要があるでしょう。

L字型に座るメリット

L字型に座る最大のメリットはリラックスできることです。
90度に座ることで、視線を合わせても、外してもお互い気にはなりません。
視線を合わすというプレッシャーから解放されるのです。

婚活デートの場合、お互いにまだ相手がどんな人かわかっていない状態です。
視線を合わすことに照れてしまう、緊張してしまうということもあるかと思われます。
あまり緊張状態が続くと、距離感が縮まらず、打ちとけにくいというデメリットが生じます。

正面に座ることが、これにあたります。
正面に座るというのは、緊張状況が維持しやすい配置といえます。
まず視線です。正面に座って視線を合わせないと話を聞いていない印象を与えてしまいます。
さらに、緊張して視線が転々としてしまったら、挙動不審という印象さえ与えかねません。

婚活パーティーにおいもよく見かけるのが伏見がちの方です。
これは、緊張や慣れない環境ゆえのことではないかと思います。
しかし、相手には自分には興味がないのではないのかという印象を与えてしまうことがありえます。
そうした、視線のマイナス印象を与えないのがL字型といえるでしょう。

物理的距離と心理的距離

人との関係を親密にするには、物理的距離と心理的距離とのバランスが保たれていなくてはいけません。
物理的距離と心理的距離は密接な相互関係にあるといわれています。
人間にはパーソナルスペースが存在します。
このパーソナルスペースとは、一定の距離を保ち安全を保とうとする、動物の本能として備わっているもの。

よく知らない人に一定の距離内に入られると、警戒したり不快に思うわけです。
相手に対する親密度でその距離は縮まります。
個人差によりますが、
・家族や恋人など親密な関係・・・45cm以内
・友人など個人的な関係  ・・・45~120cm
・同僚など社会的関係   ・・・120cm~
が一般的といわれています。

この物理距離であるパーソナルスペースを理解した上で、
相手との心理的距離とのバランスをとることが必要です。

例えば、相手との心理距離が手探りな状態の場合は一定の距離、打ち解けたのなら多少近くても構わないということです。

婚活デートでは、お互いお相手を理解している途中の段階です。
そう考えると、正面に座る配置はお互い距離を保ったまま、打ち解けにくい状況が続いてしまう。
カウンターなど、横並びに座る配置は、物理的距離が近いので、
心理的距離を飛び越え、相手に警戒心や不快感を抱かせてしまうこともありえます。

その中で、L字型着席は、物理的距離と心理的距離のバランスをとることが容易です。
近いようで近くないという距離感を保つわけです。
かつ、心理的プレッシャーが少ないことも有益だといえます。
自分だけでなく、相手もリラックスできる環境でもあるので、打ち解けるのには最適です。
相手との距離感を縮めたいという場合にも有効です。

相手の左側に座るのがいいかも

L字や横並びに座る場合、右左どちらに座ればいいのでしょうか?
これは諸説あり、悩むところです。
リードしたいのなら右側に座るべき、などいろいろです。

私がその中で、オススメしたいのが左側に座るというもの。
これは、人間は顔の左半分に本音が出やすいという特徴を考慮してのものです。
反対に顔の右半分は理性が勝る、建前の顔とも呼ばれているそうです。

感覚や印象を司る右脳は交差して各器官とつながっています。
そのため、顔左半分に深層心理がでてしまいます。
どんなに意識しても出てしまうのが人間の特徴という説が科学的にも有力です。

この特徴を利用してみるのも、相手の気持ちをわかりかねている婚活デートでは有効です。
会話中の表情の変化で相手の気持ちを推測するのも必要かもしれません。
左側に座れば、より本音がでやすいことから、正確な情報が得られやすいでしょう。
かといって、相手の顔をジロジロ見るわけにもいきません。
自然な形で視線を向けられるL字型の着席がベストといえるでしょう。

 

もし、婚活で出会った人と続かないという問題に直面したら、
L字型という着席方法を実践してみてはいかがでしょうか。
座り方が全てではないかもしれませんが、大切なことは今までと手法を変えてみるということです。
ちょっとしたきっかけで、今までの問題点がわかるかもしれません。
参考のひとつにしてみてください。