好きな人ができない

「好きな人ができない」原因とその対策は

婚活や恋活でその目標となるのは自分に合う相手を探すことです。
次に必要なことは、候補となる人と出会うことです。
しかしながら、出会っても好きという恋愛感情がなければ交際や結婚に発展しずらいでしょう。
現代社会では、恋愛したくても、好きな人すらできないと悩んでいる人も多く存在します。
どうして大人になるほど、好きという感情を抱きにくくなるのでしょうか?

原因① 出会いがない

人は自分の生活環境内から好きな人を選ぶ傾向があります。
例えば、同じ学校や職場などです。
同じ時を過ごした間柄の方が、共通経験が多いため心を許しやすいからでしょう。
交際相手や結婚相手と出会ったきっかけで、
「職場」と「学生時代」が現在も上位を占める結果からも明らかです。

学生時代や職場で出会いに恵まれるのは素晴らしいことです。
しかし、全員がそうとは限りません。
特に、社会人になればなおさらです。
人数が少ない職場もあるでしょうし、同性ばかりの職場だってあります。

従って、自然発生的な出会いというものは自分の置かれた環境によって左右されてしまいます。
出会いが少ない環境にいれば、誰でも好きになるという感情は日々薄れます。
普通に過ごしているだけでは、好きな人ができないのは当然です。

原因② 減点方式で異性を見てしまう

相手を減点方式で見定めてしまう、特に婚活中の男女に多い傾向がこれです。
真面目に取り組んでいる人ほど、陥りやすい傾向があります。
接する中で、相手の目に付く部分を減点していく見方です。
その結果、自分とは合わないと結論を早く出しがちです。

社会人になり、経験値があがるほど、理性的に物事を判断しがちになります。
言い換えれば、心で判断することより、頭で判断する割合が高くなるということです。
恋愛感情には驚きや興奮といった心の高揚が必要です。
しかし、経験を積み年齢を重ねるにつれ、理性が勝り、驚きやトキメキといった感情は薄れます。
こうしたように、好きな人ができにくくなるわけです。

減点方式は、今までの自分の経験値に基づくものですから、間違いではないでしょう。
ですが、経験値が上がるほど、恋愛対象の幅がより狭くなるという皮肉な副作用も生じます。
減点方式は、大きな間違いはないが、正解率も下げてしまうということかもしれません。

原因③ 毎日が忙しすぎ、余裕がない

毎日が慌ただしく、恋愛まで考える余裕がない。
おそらく、一番多い原因がこれではないでしょうか。
低く見積もっても、1日の中で3分の1以上は仕事をしているわけです。
責任ある立場であったら、その程度では済まない場合も多いでしょう。

頭の片隅では恋愛したいと思っていても、
容赦なく上書きされる仕事量で相殺されてしまっている社会人は多いはずです。
そうなると、休日も体を休めるので精一杯。
とても、好きな人がどうのなんて余裕はありません。

趣味が充実しすぎるもの同様です。
休日も趣味に費やす人も多くお見かけします。
好きなことに没頭できることは素晴らしいことですが、恋愛の優先順位は下がってしまいます。
自分に余裕がない状況は、おのずと恋愛から遠ざかります。

対策① 出会いの機会を増やす

現在の自分の環境を見て、もし出会いがないのであれば、自ら出会いの機会を増やすしかありません。
待っていても何も変わりません。
友人が多いのであれば、紹介をお願いするのも方法でしょうし、ツールは無限にあります。
とにかく行動することです。

よく「出会いがない」と言う人がいますが、
聞き方によっては「行動力も勇気もない」と言っているに過ぎません。
現在は、婚活パーティーだけでなく、多種多様な出会いのイベントも開催されています。
実際に多くの人に出会わなくては、好きな人なんてできないのですから。

対策② 加算方式で異性を見てみる

出会う機会を増やしたら、異性を加算方式で見るようにしてみましょう。
今までの経験値に基づく判断を一旦置き、フラットに相手と向かい合うのがコツです。
目に付いたことは後回しにして、いい所を見つけることに重点を置いて接する方法です。
プラスの部分を先に見つけることで、自分の感情が動きやすくなるメリットがあります。

これは、出会いの場だけでなく、日常の生活の中でも活用できます。
仕事場で今までマイナスに捉えていた人も、長所を探すことによって今までの印象が変わるかもしれません。
印象が変わることで、今までの人間関係も変わる可能性もあります。

人に対する見方が変われば、自分に対する周囲の見方も変わります。

対策③ 生活環境を少し変えてみる

自分の生活に、余裕を持たせてみるのが最短の方法です。
仕事中心の生活なら、無理してでもどこかで自分の時間を作るのも大事です。
その上で、単調になりがちな生活環境を少し変化させてみましょう。
習い事を始めてみるのもストレス発散に効果的です。

自分の心身のバランスをとり、余裕がなければ誰かを好きになんてなれません。
心身の健康状態が良好ならば、恋愛したくなるのが人間の本能です。
まずは、自分の生活の一部を変えることによってポジティブさを見出しましょう。

そうなれば、あとは行動あるのみです。
最低月1回、出会いのイベントに参加してみよう、それだって十分な変化です。
前向きな気持ちで参加すれば、好きになれる人だってきっと現れます。