婚活時においてのお断り

婚活における「お断り」について考える

婚活を続けている中で、避けては通れない障壁は出会った相手に断られるということです。
婚活に疲労感を感じてしまう方、諦めてしまう方の大半の要因はこの「お断り」から起因しています。
気になったお相手から断られることは、誰でも落ち込むでしょう。
精神的に疲れ、婚活へのモチベーションも下がってしまうかもしれません。
ただ、婚活時での「お断り」は一時的な通過点と捉え、総体的な視点で捉えることができれば、視野も変わってきます。

「お断り」と「失恋」はイコールではないということ

婚活を続けていると、様々な異性と出会います。
そこで、各自アクションを起こします。
お見合いパーティーでカップルになったお相手をデートに誘う、
結婚相談所で目にとまった方にお見合いを申し込むといった具合にです。
ここで、「交際」に向けての「交流期間」がスタートするわけです。
順調に進展すれば、何の問題もありませんが、なかなか次に進展しないという事態も生じます。
更には、お相手からはっきりと「交際の意思がない」と伝えられることもあるでしょう。

自分がこれから交際したいと思ったお相手に断られることは非常に辛いことです。
ですが、この場合、単純に
フラレたというわけではないのです。
婚活時の交際とは、結婚すなわち将来を視野に入れた「交際」
となります。
誰しも慎重かつ真剣に考えてしまうでしょう。
感情の問題だけではないということです。
そして、相手も真剣に探していることを分かっているわけです。
相手の事も考慮すると、自分に交際の意志がなければ、早めに伝えなくてはいけない。
従って、相手を選ぶ基準は通常の恋愛より、選択の幅は狭くなりがちに、判断は早くなりがちになるというわけです。

もう一度言います。婚活時での「お断り」は一概にフラレたことにはならないのです。
お互いの、細かいニーズとタイミングが合わなかっただけなのです。

メールの返信がないのは「お断り」と考える

お見合いパーティーでカップルになり、メール交換し会う約束をする。
何度か会った後、突然連絡が途絶えてしまう・・・・。
あるいは、メールなどの連絡頻度が徐々になくなり結果フェードアウト。
こういった経験をお持ちの方も多いのではないかと思います。
実は私もこうした経験は何度もあり、その都度なぜだろうと頭を抱えたものでした。

連絡がないのは沈黙の「お断り」なのです。
これは、男女問わず、多くの婚活している方に聞いて回って得た結論です。
相手に言いづらいまま返信できなかったという意見が大半でした。
個人的には、最低限のマナーがあってもよいのではと思いますが、
最近のストーカー事件なども心理的に大きく影響し、
より相手を逆上的にさせないため、
フェードアウトという選択をするケースが増えているようです。

連絡の途絶えたお相手に再度アプローチしても、結果が好転する可能性は極めて低いです。
引きずるくらいなら、切り替えて次の行動に移るべきです。

「お断り」をステップに

婚活時での「お断り」はドライに捉えるべきですが、数打ちゃ当たるというのも感心できません。
落ち込む必要性はありませんが、なぜ「お断り」という結論に至ったかは考えてみるべきです。
例えば、どんな会話をしたか、自分の相手に接する態度はどうだったか、
お相手の態度に変化はなかったかなどよく思い出してみるのも必要でしょう。

同じようなケースで、相手と連絡が途絶える、あるいは断られる場合。
例えば、二度目のデート後によく断られるとします。
この場合、二度目のデート時に何か問題があった可能性があるのかもしれません。
あるいは、一度目の時に頑張りすぎて、トーンダウンしているように見えてしまっているのかもしれません。
いずれにせよ、「出会い」から「お断り」までの期間を順立てて検証してみれば、
今後にきっといかせる課題が見つかるでしょう。

婚活でのミスマッチというものは、自分を正確に伝えきれてないことから生じるケースが非常に多いのです。
本来好かれるべき要素も、伝わる前に判断されてしまうのはもったいない話です。

同じことを繰り返さないためにも、検証→実行するのが明日を引き寄せる一歩になるでしょう。