心がけ

『話しかけトレーニング』で出会いや恋愛率をアップさせよう!

このブログ上で、出会いを増やすことの重要性を再三述べてきました。
そのためには活動することが必要です。
更には、婚活時に適切な会話力も必要です。
ここでは、テクニックではなく日常生活の中でできる試みを紹介します。

自分から話しかけてみましょう

話しかける?と思われるかもしれません。
知らない人にということではなく、知っている人に自分から話しかけてみましょう。
職場の人や通っている習い事で一緒の人でもいいかと思います。
話しかけられる前に自分から話しかけてみます。
挨拶からでもいいかと思います。

重要なのは、会話の切り出しは自分から始めるということ。
もし、そのことに抵抗感を感じてしまう人は、日常のなかで、受身的な局面が多いのかもしれません。
普段、話しかけたのはどちらかなんて意識している人は少ないと思います。
ですが、ここでは意識的に自分から周囲の人達に話しかけることを心がけてみましょう。

自分から話しかけたとしたら、その会話を持続させなくてはいけません。
相手から、返答を引き出し、会話を膨らませることも必要でしょう。
話しかける相手の好きな話題や触れないほうが無難な話題も把握しておかなくてはいけません。
毎日接する人なら、その日の機嫌を表情や態度から察知しておくことも必要です。

こうして、常に自分から話しかけるためには、周囲の変化を敏感に感じてなくてはいけません。
状況に応じた、話題の選択、言い換えれば空気を読むことも大切です。
「話しかけ」によって、会話力UPだけでなく、コミュニケーション能力の向上が狙えるわけです。
加えて、自分から話しかけることによって、受け身ではなくなる効果も期待できます。

話しかけにくい人もいる

職場を想像してみてください。
話しかけやすい人はいいですが、当然、話しにくい人もいるかと思います。
自分が話しかけにくい人と、会話を続けるのは大変です。

ついつい、その人と接するのを避けてしまいがちということは誰にでもあることではないでしょうか?

なぜその人は話しかけにくいのでしょうか?
相性が悪いからでしょうか、話題が合わないからでしょうか。
今まで自分から踏み寄っていかなかったということもあるでしょうが、
返答が薄いとか、言い方が気に食わないとか、大なり小なり何らかの理由があるはずです。

その人がどうのこうのということではありません。
もし、あなたの周囲の人も同様に感じているのなら、おそらくその人は「話しかけにくい人」なのでしょう。
ここで言いたいのは、話しかけにくい人に積極的に話しかけましょうということではありません。
話しかけにくい人の特徴をよく見て、
「話しかけられにくい人」にならないようにしましょうということです。

話しかけやすい人もいる

話しかけやすい人もいるはずです。
そもそも、どうして話しかけやすいのでしょう?
元々親しいからでしょうか、自分が求める返答をしてくれるからでしょうか。

どのような理由にせよ、自分が話しかけやすいという人との会話は持続しやすく、盛り上がりやすいはずです。

周囲を見渡してみて、誰からも話しかけられやすい人が一人ぐらいいるのではないでしょうか。
誰からも親しみを持って話しかけられやすい人は、人気者ともいえるでしょう。
身近で話しかけやすい人の特徴を感じて、自分にも取り入れてみてはいかがでしょう。
身近な人を参考に「話しかけられやすい人」になりましょうという提案です。

婚活だって「話しかけられやすい人」が有利

この「話しかけトレーニング」は、意識的に自分から話しかけるということです。
目的は、会話力UP・コミュニケーション能力UPと
話しかけやすい人・話しかけにくい人の特徴を知ることです。
どうせなら、「話しかけられやすい人」になった方が、周囲との人間関係を考えても得策です。

日常生活でも「話しかけやすい人」の周りに人は集まります。
婚活の場でも全く同じです。
「話しかけやすい人」ほど、成功する可能性は高いです。
それは、話しかけやすさと親しさが一致し、相手に魅力的に映るからではないかと思います。

「話しかけトレーニング」で自分で話しかけ、話しやすいとは何かを体感し、
「話しかけられやすい人」を目指してみてはいかがでしょうか?