お見合いパーティーでの服装

お見合いパーティーでの服装・身だしなみ

初めて婚活パーティーに参加するにあたって、服装はどうしたらいいかと気になります。
服装は自由となっているパーティーがほとんどです。
ですが、最低限は気にしておきたいポイントもあります。
会場でマイナスにならないように準備しておきたいものです。

第一印象が大切

婚活パーティーで出会う異性は、当然初対面です。
この際、第一印象というキーワードを避けては通れません。
第一印象の善し悪しで、会話の盛り上がりや、相手との距離感が決まってきます。
ここで余計なアドバンテージにならないためにも、服装や身だしなみには気をつけましょう。

ですが、パーティーだからといって、気張りすぎる必要はありません。
派手すぎず、シンプルでいいでしょう。

清潔感

男女ともに最も重要なことは「清潔感」です。
婚活の場で共通なことは、将来を見据えたお相手を探しているということ。

今後を見据え、お付き合いや生活ができるのかという視点も入ります。
その際、清潔感の欠ける人との接点は避けてしまうでしょう。
「清潔感」、言い換えれば、「キチンとしている」ことが大前提です。

男性の服装

男性が気をつけたいことは

・シャツにしっかりアイロンがかかっているか
・靴は磨いてあるか
・爪がよごれていないか
・メガネのレンズがよごれていないか
・口臭・体臭対策など、エチケットは万全か
・チャラチャラしてないか

などでしょうか。
あまり服装に自信のない男性の場合、スーツかジャケットスタイルが無難でしょう。
ニュースや情報番組での、男性局アナをイメージしてみましょう。

女性の服装

女性が気をつけたいことは

・メイクは濃くならないよう、ナチュラルメイクで
・背中や胸元など、露出しすぎないように
・短すぎるスカートやパンツルックは避けましょう
・香水・ネイル

・ブランド物で固めない
・ネックレスなどの装飾品は適度に抑える

などでしょうか。
共通していえることは、派手すぎずシンプルにということです。
男性は女性に対し、「清潔・清楚・シンプル」を求めます。
結婚も視野に入れた場合、その傾向は顕著に現れがちです。

男性の目線を入れてみるのも、婚活時での第一印象が大幅に変わります。
お昼の情報番組の女子アナを参考にしてみるのもいいかと思います。

まとめ

婚活パーティーで会う異性はあくまで初対面であると先ほど述べました。
全くお相手のことを知らない中からのスタートです。
社会人として、服装や身だしなみは最低限のマナーです。
これからを共にする可能性のある人を選ぶ際、マナーに違和感を感じた人を避けるのは当然です。
せっかく、価値観の合う人がいても、
服装などの印象で選ばれないということは、もったいなさすぎる機会の損失といえるでしょう。

大切な出会いをみすみす逃してしまわないよう、最低限の身だしなみはお忘れなく。