婚活での告白

婚活での告白はどのタイミングですべきか?

婚活中に出会った異性に告白するのはいつがいいのか?
特に男性が直面する、大きな課題といえます。
例えば、婚活パーティーに参加し、意中の異性とカップルになったとします。
連絡先を交換し、お二人で会うことになるでしょう。
お互いの距離を縮め、交際へと発展させるためには、しかるべきタイミングでアクションをおこす必要があるわけです。

まずは、自分の気持ちを整理すること

まずは、自分の気持ちを冷静に整理しましょう。
出会ったお相手に対する率直な気持ちをです。
好きという感情が芽生えてきているのか、あるいはもっと時間を共有してみたいと思えるのか。
更には、結婚を意識したお付き合いがしたいかどうかです。

自分の気持ちを整理し、前向きな想いが確認できたのなら、早めに行動すべきです。
もし、煮え切らない思いが自分を支配しているなら、お相手へのアプローチは控えるべきです。
意志の弱い行為というのは、婚活中のお相手に対して、大変失礼だからです。

告白は3度目のデートがベスト

告白とは、「交際したい」という意思表示です。
特に婚活での場合、
「結婚も考えて」という前提も加わります。
お互い好意や興味だけで、ということではいかないわけです。

では、どのタイミングがベストか?
3度目のデートがベストです。
ちょっと早いんじゃないの?という意見もあるかと思います。
いやいや、それでも遅いくらいかもしれません。

婚活での出会いとは、お互い相手を探している人同士の出会いです。
その中で、初対面→1回目のデート→2回目のデートと段階を踏んできてます。
3回目のデートまできていれば、少なくてもお相手のあなたに対する印象は悪くないはずです。

男性も女性も、嫌な人とは1対1で3回も食事などに行きません。
時間ばかりをかけ、タイミングを逃さないためにも、3度目がベストではという結論です。

会う回数を重ねて、相手の意思が見えないことはとても不安です。
そして、相手には「決めかねている」「迷っている」と映りがちです。
特に、女性にはこのように考えてしまう傾向が強く、
その男性に対し、「決断力がない」「頼りがいがない」とマイナスに考えてしまうようです。

何が何でも3度目で!というわけではありませんが、
少なくても、5回目のデートまでにはしっかりと「意思表示」
するべきです。
大人の婚活とは、お互いを知る期間よりも、将来に向け共有する時間の方が重要になります。
したがって、判断は早いほうがお互いのためという見方もできます。
告白は早すぎるぐらいが、ベストなのです。

もし、保留や断られたら

告白し、しっかりと自分の「意思表示」することが大切です。
その上で、結論を保留されたり、断られてしまったら。

保留の場合
まずは、お相手の意思を尊重し、待つことです。
変わらず会う機会が続けば、相手の自分への印象は下がってないということです。
しっかりと意思表示したうえで、会っているということは相手も真剣に考えている証拠です。

じっくり機会を待ちましょう。

お断りの場合
ここは、お相手の意思を尊重し、引くべきです。

精神的なショックはあるでしょう。
しかし、ここまでの段階まで、相手も真剣に考えてくれたはずです。
あなたのことは好印象のままで変わってないということです。
将来を見据えてとなると、何か踏ん切りがつかない何かがあったということです。
気持ち的に簡単にはいかないとは思いますが、次の機会に向けて切り替えたほうが成功への近道です。