会話が続かない

婚活で会話が続かない時どうするか?

婚活や恋活といった出会いの場で、会話が続かずに苦労している人を多く見かけます。
会話の突破口が見いだせず、結局何も話せなかったという経験をお持ちの方も多いようです。
しかし、会話が苦手と消極的になるのは早すぎます。
決して、話し上手になることはありません。ここでは、簡単にできる心がけを紹介します。

そもそも、初対面での会話は続きずらいものです

婚活パーティーなどで会話が続かない。
自分に何か問題があるのではないだろうか、自分の話は人よりつまらないのではなかろうか。
真面目な人ほどそう考えてしまいがちです。
確かに、改善すべき点はあるかもしれませんが、一概にそれだけとは限りません。

そもそも、出会いの場での会話が難しいか、話が続きづらいのか。
それは、初対面ゆえ相手の情報が少なすぎるからです。
相手の好みや性格など、未知なところからのスタートだからです。
その上、相手に失礼がないように言葉を選べば、会話が途切れがちになるもの仕方のないことです。

こうした、前提要因を理解しておけば、無駄に緊張することはありません。
誰しも、緊張し苦慮していると考えれば、リラックスできるでしょう。
初対面で上手に話せる人は、新規開拓の営業職の方など一部に過ぎないと楽に考えてみましょう。
上手く話そうと意識しすぎるのは考えものなのです。

相手の話に興味を示す

上手に話そうと考えすぎて、緊張するのは無駄だと述べました。
次に何をすべきかです。
簡単に取り組めることは、目の前のお相手に最大限の興味を示してみることです。
具体的に、婚活パーティーを例に挙げてみます。

婚活パーティーでは、一人ずつと会話する自己紹介の時間が設定されています。
その時間は、最大限目の前の相手を知ろうと努めてみます。
もしかしたら、話が合わない人や自分が興味が抱けない人もいるかもしれません。
それでも、その時間を前向きに活用することで、自然にコミュニケーション力の鍛錬になります。

興味があるないに関わらず、会話している相手のことを知ろうとすることは大切です。
知ろうと努めれば、自然に質問も投げかけれるでしょう。
人によって態度を変えてしまう人ほど、いざという時空回りして失敗するものです。
出会いの場で大変よく見られるパターンの一つです。

受身にならない

受身になりすぎるのも考えものです。
相手から質問される→答える→また質問される→答えるの繰り返し。
これでは、単なるインタビューです。
時には、答えに自己のエピソードを加えたり、逆に質問を返してみるといったことも必要です。

笑顔を忘れない

先ほどの初対面ほど会話の継続は難しいということを踏まえ、できるだけリラックスすることです。
そして、忘れてはいけないのは笑顔です。
例え会話が途切れても、沈黙になったとしても笑顔でいれば雰囲気までは緊迫しません。
加えて、笑顔の印象が残りやすいというメリットがあります。

内容よりもテンポを

中身のある会話をしようとすると、無駄に力が入り空回りするものです。
会話はキャッチボールとよくいわれます。
キャッチボールとは相手が捕れる球を投げなくてはいけません。
会話も同じ。豪速球やキレのある変化球も相手が捕れなくては何の意味もありません。

どんなに遅い球でも、相手がキャッチしてくれればいいのです。
そして、相手の投げる速度に自分も合わせていけばリズムが生まれます。
リズムが生まれると、会話が心地よくなり、話が合うように感じます。
会話の内容を考えるより、テンポを合わせることに注力したほうが会話も続きやすくなります。

YES,NOの質問は避ける

初対面の会話の場合、どうしてもお互いに質問が多くなります。
その際、気をつけたいのが「はい」「いいえ」で答えれる質問形式です。
「○○はお好きですか?」との質問は、はいorいいえで終わってしまいます。
二択は避け、「どんな○○がお好きですか?」など、次に会話が膨らみやすい質問形式が好ましいでしょう。

共通点を探す

会話が途切れない為に必要なのは、テクニックではありません。
中身よりも、お互いが波長の合うテンポで会話することが重要です。
波長の合うテンポにたどり着く最短の方法は、お互いの共通点を見つけるかどうかです。
いかに早く共通の話題を見つけるかで、会話の波長も合い印象も変わるかもしれません。

テクニックは参考程度に

恋愛におけるテクニックの情報は溢れかえっています。
あまり情報過多にならず、参考程度にとどめることが必要です。
テクニックに頼りすぎても、その場しのぎにしかなりません。
自分を客観的に捉え、必要な情報だけを受け入れる。
この柔軟さが大人の婚活に必須です。