費用対効果

婚活は費用対効果をシビアに考えましょう

婚活には一定の費用がかかります。
費用に応じた効果を得たいと考えるのが普通の心情です。
どうしたら費用対効果を高められるのか?
シビアに考えて行動する必要があるのです。

第一に婚活サービスの特殊性を理解する

我がコンフェスタの婚活パーティーでのカップル成立率は高い時でも60%ぐらいです。
主催する側からすると100%を目指したいのが本音ですが、なかなかそうもいきません。
それは、パーティー参加者全員に個人の意思があるから当然のことかもしれません。
個人の意思に反してカップリングするわけもいかないので100%にはならないわけです。

このように、婚活において最終的に成否を決めるのは本人の意思決定になります。
加えて、相手の意思決定も一致しないと成立しません。
ここが、一般的なサービスと大きく異なる点です。

例えば、コンビニに買い物に行くとしましょう。
欲しい商品を選び、レジで代金を支払えば希望通りに買うことができます。
婚活の場合、そうはいきません。
欲しい商品があったとしても、商品にも意思があるので希望通りに買えるとは限らないのです。

婚活サービスとは、成功の保証されていない(保証できるものではない)ものだということを第一に理解しておいたほうがいいでしょう。
それは、最終決定は各個人の自由意思に委ねられているから。
どんなにいいとされているサービスであっても、結婚できると保証できないのです。
これから婚活を始めようとしている人、活動をしている人問わず、この根本的な仕組みを理解しましょう。

高額に出費しても何の保証もない

婚活サービスとは、成功(結婚)が保証されていないものだと述べました。
結婚相談所のように入会に何十万円もかかるものが存在するのはなぜでしょうか?
それは、意識の高い会員がいるネットワークに加わることで成功の確率が高くなりますよということです。
加えて、カウンセラーのアドバイスも有料ですよということです。

しかし、どんなに可能性の高いネットワークに加わって活動したとしても、
何度もカウンセリングを受けたとしても誰かと交際し成婚に至らなければただの出費です。
現在、加入すれば何かあるような結婚サービスの広告が溢れかえっています。

成婚率の高さを掲げている結婚相談所でもせいぜい50%です。
情報はあくまで自社発表なので、信憑性はよくわかりません。
信じたとしても、何十万円出費しても結婚できる確率は五分五分なんですよということです。

このように、たとえ高額な出費をしたからといって、結果が得られる保証なんてないのが現実です。

知恵と行動で費用対効果をあげる

では、費用を抑えて成功率を上げるにはどうすればいいのか?
結論からいえば、とにかく頭を使うことです。
自分の現状・年齢・正確・理想を客観的に捉え、自分に向いてるツールを探す。
会員が多いとか人気があるとかだけではなく、自分に有益な情報を徹底的に調べることです。

もう一つ注意したいのが、婚活費用が生活を圧迫するものではあってはならないということ。
婚活費用で、生活を切り詰める、貯金を切り崩すということは本末転倒です。
そこまでしたら、嫌でも見返りが欲しくなるのが人間です。
心のバランスだって崩しやすくなります。

賢く頭を使って費用負担を下げて行動する、これからの婚活にはこうした賢明さが求められます。

費用以外の部分で勝負したほうが成功率はあがります

婚活は費用をかけたからといって成功が約束されるものではありません。
費用・時間・体験(学習)という3つのバランスを保つことを重視したほうが成功率はあがります。

費用対効果と同等に重要なのが時間です。
婚活に生活の大半の時間をかけれる人は存在しないでしょう。
忙しい毎日の中で、どうしたら時間的効果がいいのか考えるべきです。

例えば、仕事に追われ時間に制約のある人は、
自分の時間の余裕のある時にアクセスできる婚活サイトが便利かもしれません。
しかし、サイトで知り合った人と時間が合わず、実際に会うまでには至らない。
だとしたら、自分の予定の合う時間で参加できる婚活パーティーの方が効率的という結論も考えられます。

次に体験し学ぶことも重要です。
婚活の場に行くと、うまくいかないことも多々あります。
相手のあるコミュニケーションの場と考えると当然のことです。
婚活イベントに参加して、成果が出なかったら、自分で考えて改善するしかありません。
成功に近づくため、自ら学習することにコストはかかりません。

自分の生活リズムを考え、時間的効率のいい活動をすること。
時間的効率を考えたうえで、一度の活動効率を上げようと考えること。
活動効率を上げようと考えれば、自分の改善点を受け入れ実行に移すしかないと思うはずです。
こうして、時間・体験(学習)を意識することで、時間効率と活動効率は上がり、
その結果費用は下がるのです。

余談

ここまでの話と矛盾してしまうかもしれませんが、かといって無料というもの考えものです。
婚活パーティーで女性無料というものが今だに多数開催しています。
負担をしている男性と無料の女性との意識の温度差がありすぎるのというのが結論です。

頑張っている男性と、反して意識の低い女性という光景を何度見てきたことか・・・。
多少は負担をしなければ、人は前のめりにならないのかもしれません。
「タダより高いものはない」ということなのかもしれません。

現在、婚活業界では男性離れが深刻といわれています。
男性ばかりに負担を求めてしまっている今の婚活業界の課題なのかもしれません。