合コンのハードル

合コンを婚活に活用するための3つのハードルとは

現在、婚活するうえで様々なツールがあります。
その中で、合コンというツールも根強い感もあります。
合コンといえば出会いの場というイメージですが、
婚活に有効活用するためにはハードルがあることを知っておく必要がありそうです。

1.セッティング

合コンを開催するにあたって、最初のハードルがセッティングです。
もし、自分が幹事をする場合、自分の交流関係を活用しなくてはいけません。
幹事になれば、人数調整やお店の手配など開催準備が必要になります。
相手側の幹事から情報を入手することで、相手側にも満足してしてもらえるような気配りも求められます。

幹事でないとしても、誘われなくては合コンには参加できません。
言い方が悪いかもしれませんが、誘われるにはコネが必要だということ。
普段から、誘われるような交流関係がなくてはいけません。
誘ってもらえるようにならなくてはいけないというハードルが存在します。

幹事をするにしても、誘われるにせよ、メンバーの誰かが他のグループと縁がなければ実現しません。
友好的なコミュニケーション能力のある人がメンバー内にいるかどうかが、開催頻度を左右します。
言い換えれば、自分に近い人に友好関係が広いかどうかも大きいということです。
それが自分自身であればいいのですが。

合コン相手が見つからないという場合、合コンセッティングサービスを利用するのも方法です。
以前に比べ、合コンセッティングをしてくれる会社(サイト)も増えました。
相手をネット上で探せるのは便利ですが、サイト上で交渉を成立させなくてはいけないなど、実現にはいくつかのハードルが存在します。

2.参加目的

二つ目のハードルは、合コンに参加するうえでの目的意識です。
参加目的とは、恋人を探している、単純に楽しみに来たなどバラバラでしょう。
全員が自分と同じ参加目的にはならないのが、合コンの難しさです。
参加目的があまりに分散しないためには、幹事同士の情報交換が不可欠となります。

もし、合コンの参加目的が婚活であった場合、ハンデもあります。
全員の参加目的が把握しづらい状況で、自分は婚活で来ていますとはなかなか言えないということ。
言いにくい環境の中ですので、同じように婚活目的の異性を見つけにくいということです。
このように、それぞれの参加目的が分かりづらいというのが合コンの難しさです。

場合によっては、付き合いでとか人数合わせで参加している人もいるかもしれません。
人数合わせで既婚者が参加するというのもよく聞く話です。
参加目的がバラバラの場合、まずはその場を楽しむということを重視したほうが賢明かもしれません。
その場でいい出会いがあれば素敵ですが、婚活目的の場合、効率性に欠けるといっていいでしょう。

3.人間関係

三つ目のハードルは、合コンには人間関係がつきまとうというハードルです。
同性のメンバーが旧知の仲で、気の許せる間柄ならいいでしょう。
しかしながら、社会人となればそうといかないこともありえます。
会社の同僚や先輩後輩、友人まではいかない関係の知人となればメンバー内の気遣いも必要です。

例えば、合コンで印象がよかった異性がいたとします。
同じ異性に好印象を抱いたメンバーがいたらどうでしょうか?
少なからず、そのメンバーとの人間関係を考慮し、時に譲ってしまったりということも考えられます。
本来、平等な出会いの場でも関わらず、こちら側の人間関係も考えなくてはいけないのが通常の合コンです。

同性メンバーに影響されやすいのも合コンの特徴です。
自分はよくても、メンバーが盛り上がってなければバランスを取って行動しがちです。
これは女性によく見られる光景ですが、出会いよりも人間関係を重視する行動でしょう。
こちら側の人間関係のバランスが保たれなければ、合コンでの出会いは発展しづらいのかもしれません。

3つのハードルを越えるには

通常の合コンでは、セッティング・参加目的・人間関係という3つのハードルが存在すると述べました。
問題はそれらのハードルをいかに越えるかということです。
言い換えれば、それらがなければ純粋に出会いに向かえるということです。

セッティングのハードルを避けるには、幹事は引き受けないことです。
参加目的のハードルについては、参加目的の近い人しか集まらない合コンに参加することです。
人間関係については、気遣いが不要な人と行くか、一人で参加できる合コンに行くことです。

これらのことを考慮すると、婚活合コンというイベントに参加することが最適です。
メリットとして、自分の都合の合うイベントに参加すればいいこと、自分の参加目的に一致したイベントに参加すればいいこと、周りを気にせず一人参加しやすいことなどです。
参加費用も通常の合コンとあまり変わらないことも魅力です。

特に、忙しい30代・40代は人間関係に惑わされず、出会いに直線的に行動することも必要です。
通常の合コンよりも、合コンイベントなどの婚活イベントが効率的でしょう。

 

コンフェスタの合コンスタイルのパーティーはこちら