婚活パーティーでのコツ

ありがたいことに、連日婚活パーティーについてのご質問をいただいております。
その中で、どうしたらカップルになれますか?というご質問を多く受けます。
今回は、女性を対象に、少しの心がけでできる方法をご紹介します。

1.とにかく笑顔!

笑顔が多い女性はダントツにカップル率が高いです。
会話時に笑顔が多いほど、好感度・好印象に直結しやすいのではないでしょうか。
笑顔だと、相手も気持ちを開きやすく、話しやすい雰囲気になります。
その結果、いい印象が残りやすいわけです。

といっても、いきなり笑顔といわれて抵抗感を感じる人もいるかと思います。
微笑む程度でも、全く印象は変わります。
口元を少し緩くするイメージで会話に臨みましょう。

2.プロフィールシートはしっかり記入しよう

パーティーでは、会話のきっかけにプロフィールシートを使用します。
これは、自分の趣味や好みなどを書いたものです。
プロフィールシートはできるだけしっかり記入しましょう。
なるべく、空欄がない方がよいかと思います。

婚活パーティーではプロフィールシートをお互い交換し会話をスタートさせます。
その際、プロフィールシートに空欄が多いと、話題が限定されてしまいます。
更に、空欄が多いと参加の意識が低いのではという悪印象が残る可能性もありますのでご注意を。

3.質問をしてみよう

婚活パーティーの会話では、男性から話しかける機会が多いと思います。
男性からの質問に答えるばかりではなく、女性からも質問をしてみましょう。
3回に1回はこちらから聞いてみようという意識で十分だと思います。

話題が浮かばなければ、聞かれた質問を聞き返してみるのも方法です。
「お休みは何をされていますか?」
「○○して過ごすことが多いです。○○さんはどうされてますか?」
といった具合にです。

4.スグ諦めない

婚活パーティーでカップルになれない人に共通するのはすぐ諦めてしまうことです。
パーティー途中で。投げ出した様子の方も稀に見かけます。
今回はいい人がいないので、次!といったことなのでしょうか。
目の前の現実を投げ出して、本当に次はあるのかと疑問です。

コンフェスタの婚活パーティーでは、中間印象と最終投票の2回、
記入用紙に気になる方の番号を記入していただきます。

それぞれ、3名まで異性の番号を記入できます。
その用紙もできるだけ記入したほうが、カップル率はあがります。

無記入で投票カードを提出される方も稀にいます。
運営側としては本当に残念なことです。
結婚相談所など、婚活業界に従事している私の知人が皆共通で言うのは、
「すぐ見切ってしまう人ほど婚活は成功しない」
・・・・らしいです。

5.ハードルを上げすぎない

婚活パーティーでカップルになるイコール交際開始というわけではありません。
カップルになることで、すべてのきっかけが始まります。
このきっかけがなければ、何も始まりません。
堅苦しく捉えすぎるのもどうなのかなと思います。

男性側も緊張しています。
慣れていなく、会話に詰まってしまったり、
空回りして普段の自分がだせていないことも考慮してあげましょう。

リラックスした環境でお互いを知れば、印象が全く変わることはよくあります。
その為、婚活パーティーでカップルになったら、お茶か食事に行くべきとこのブログで強調しています。

結婚や交際を意識しすぎると、相手を選ぶのは慎重になります。
時には、視野を広く、「一緒に食事に行く人」「まずはお友達から」という視点も入れてみてはいかがでしょうか。
一緒に食事に行ったら、予想外に楽しく、交際に発展したということはよく聞く、婚活業界あるあるです。