恋活

恋活と婚活の違いを理解しよう

現在、婚活という言葉は一般的に定着しました。
インターネットを覗いても、「婚活」の情報は溢れるほど掲載されています。
更には、「恋活」という言葉もよく目にするようになりました。
そもそも、この両者の言葉の違いは何なのでしょうか?
多少でも、両者の違いを理解しておいたほうが、ご自身の活動により有益かもしれません。

恋活と婚活

簡潔に説明すると、

婚活 ・・・ 結婚を前提にしたお付き合いができる相手を探す活動

恋活 ・・・ 恋人を探す恋愛活動

婚活は一つのゴールは結婚ということが前提となるわけです。
それに対し、恋活は結婚は特に意識せず、恋愛相手を探すことが活動の主体です。
「結婚」と「恋愛」どちらに比重を置くかで活動の趣旨が変わってくるということです。

今の自分を把握する

現在、検索などで調べてみると、「恋活」と「婚活」が入り混じっているサイトも多いようです。
自分は恋活中である、あるいは婚活中であると意識している人は少ないと思います。
ですが、完全に認識しないまでも、今の自分はどちら寄りかは把握していたほうがよさそうです。

やはり、結婚したいという想いがつよいなら婚活へ。
結婚はしたいが、今は恋愛したいという方は恋活へといった具合にです。
なぜ、自分を把握していたほうがいいか?

それは、先ほどふれたとおり、現在の婚活・恋活サービスは多種多様に増えているといった背景があります。
「異性探し」をテーマに、恋人や結婚相手問わずまとめて探せるサービス。
あるいは、「恋人探し」「結婚相手探し」などテーマを特化して探せるサービス。
など、細かく細分化され
つつあるのが最近の特徴といえます。

その細分化されたなかで、より自分に合うものはないか、しっかり検討する必要があるわけです。
例えば、単純に恋人が欲しいだけの人が、婚活色の強いイベントに参加しても、
他の参加者とニーズがずれてしまっているわけです。

参加する時点で、自分の望む出会いの可能性は低くなってしまっているといえるでしょう。

したがって、
自分の現状を把握 → 自分に合うサービスを探す → 自分の望む出会いの可能性UP

という、効率的な流れが生まれてくるのです。

現状の恋活は

現在、最も盛んに開催されているイベントは「街コン」でしょう。
気軽さも受け、週末を中心に各地で開催されている数百人規模のイベントです。
その他、異業種交流パーティーや合コンマッチングなども盛んです。
カップリングは特にない、ラフな出会いが特徴といえるでしょう。

現在、「婚活」を頑張っている方も、こうした「恋活」イベントに参加するのも時にはいいかもしれません。
時に、肩の力を抜いて楽しむのも「婚活疲れ」
にならず、気分転換になりますよ。