婚活スタイル

自分に合った婚活スタイルを選びましょう

現在、婚活といっても様々な形態が誕生しています。
多様化する婚活のカタチによって、人それぞれの婚活のスタイルがあっていいのかもしれません。
だかといって、自分に合っているものというのは分かりにくいと思います。
自分に向いている婚活のカタチを見つけることも成功の近道になりそうです。

・結婚が最優先の場合

何より、結婚することが最優先という場合、目的に向け最短距離で進まなくてはいけません。
時間を費やす余裕があまりないかもしれません。
その場合、結婚相談所が最適でしょう。
一番のメリットは、同じように結婚したいという意識が高い会員と出会えるということです。
結婚への意識が高いことから、お見合いがまとまれば、成婚までのスピードが断トツに速いことが特徴です。

問題なのは、費用が高いこと。
大中小規模様々な結婚相談所が存在していること。
大きい・費用が高いからといって、必ずしも成婚できるとは限らないことです。
入会に当たっては、十分すぎるリサーチをしたほうが無難でしょう。

・結婚を視野に入れた恋人探し

次に交際する人と結婚したい。
あるいは、結婚も考えれるような恋人を探したいという場合、婚活パーティーが最適でしょう。
メリットは、実際に会うことからスタートできること。
参加者の中から自分に合う異性を探せるということです。

婚活パーティーといっても、現在は様々な形式があります。
大人数・少人数・個室型など、自分に合う形式を探してみるのも方法です。
注意したいのは、それぞれのパーティーにコツのようなものが必要ということです。
参加するパーティーの進行方法については細かくチェックしたほうがいいでしょう。

・時間のない中で婚活したい

仕事に追われがちな社会人の悩みが時間がないこと。
時間がない中で、効率よく相手を探したい場合、婚活サイトが適しています。
メリットは、自分の都合のよい時間で活動できること。
月会費数千円と、費用を抑えて活動できることでしょうか。

問題なのは、気軽に登録できることから、真剣さにバラツキがあること。
実際に合うまで、時間がかかること。
イメージが先行してしまい、会った際に印象が変わってしまうこともある・・などでしょうか。
婚活サイトの特徴をよく理解して登録したほうが、効率的に活動できると思います。

・楽しく、そのなかでいい人がいれば

せっかく婚活・恋活イベントに参加するのだから楽しみたい。
その中でいい人に出会えたらという場合、婚活イベントが最適でしょう。
趣味系・飲み会食事会系・スポーツ系・体験系など、多種多様のイベントが開催されています。
イベント系の特徴は、同じ体験をすることによって仲良くなりやすいということです。

趣味系の婚活イベントなどは、同じ趣味をもつということで親近感が抱きやすいそうです。
気をつけたいことは、楽しさに満足しすぎると本来の出会いという目的が後回しになってしまうということ。
どうせ参加するなら、楽しむだけではなく、次につながる出会いを掴みたいものです。
とはいえ、初めての人でもハードルが低く参加しやすいので、気軽に申し込めるメリットは魅力です。

一つにこだわるのはマイナス

これから婚活・恋活を始める人は、自分が参加しやすいものを選択するのがいいでしょう。
ただし、何か一つに固執してしまうのはマイナスです。
自分に向いているものが何かとは、実際に参加してみなくてはわかりません。
一度参加したイベントは勝手も分かるので気は楽ですが、どうしても緊張感が薄れます。

婚活疲れと言っている人ほど同じような活動を繰り返している傾向があります。
同じイベントばかり参加して、結果もでなければ誰だって疲れます。
複数のツールで婚活をすすめたり、参加毎に違うイベントに参加することは気分転換も兼ねれます。
変化をつけることで、自分自身楽しむこともできます。

婚活は就活のようにゴールの日時が決まっていません。
相手があることですので、人によって活動期間も異なります。
したがって、一つのツールやイベントに固執してしまうと疲れやすく続きません。
自分に刺激を与える意味でも、様々なイベントに参加することがオススメです。

婚活・恋活を始めて2,3のイベントした頃には、行動力が大きく変わってきているはずです。
婚活・恋活は行動力が第一です。
第一歩を踏み出せない独身者がまだまだ大多数派です。
積極的に行動すれば、出会いはきっと訪れます。