結婚相談所の種類

結婚相談所の種類とは

現在、日本の結婚相談所の総数は大小あわせ5,000社以上ともいわれています。
そもそも、結婚相談所の主な特徴など、あまり知られていないのが現状です。
一概に結婚相談所といっても、それぞれの特色があり、一括りで考えるのは危険です。
ここでは、代表的な結婚相談所の種類と特徴を紹介したいと思います。

1.結婚情報サービス型

結婚情報サービス型とは、データマッチング型ともいい、大手結婚サービス会社が代表的です。
オーネットやツヴァイ
などが有名です。雑誌やインターネットで頻繁に目にすることもあるかと思います。
自社で会員を募り、全国に支社を配置し、その会員数は数万に及びます。

主なサービス内容は、情報提供がメインとなります。
まず、自分のプロフィールをデータ入力し、更に希望の相手の条件をデータ登録します。
コンピュータ解析の結果、自分に相性が合う人のデータが送られてきます。
各社、1ヶ月に何人といった決まりがあるようです。

送られてきたデータの中で、自分が興味を抱いた相手にアプローチ。
そこからは、当事者同士でやりとりし、会う段取りを決める。
会った後も、当事者同士の自己責任で交際・結婚までの道筋を決めていく、といった流れが一般的です。
カウンセラーはいないか、いたとしてもあまりサポートするということはありません。

費用は、年間30~40万円程度の活動費がかかるのが平均的。
お見合い料や成婚料はかからず、活動費に含まれているともいえます。

あくまで、情報提供がメインとなるので、活動については個人の積極性次第となります。
膨大な会員数の中から、自分の相手を探すことができるのは魅力です。
費用に見合う、時間と手間をかけることができる人には向いているでしょう。

2.連盟・フランチャイズ型

連盟・フランチャイズ型とは、大きなブライダルネットワークに加盟する相談所のことをいいます。
この連盟とは、全国の中小結婚紹介所がネットワークを結び組織化されたもの。

会員数はそれぞれですが、属するネットワークの結婚紹介所が協力し合い、
お互いの会員を紹介しあうという特色があります。

例えば、地元の小さな結婚紹介所Aに入会したとします。
その場合、Aの会員の異性を紹介されるだけでなく、
同じネットワークに加盟している隣町のB相談所や隣の県のC相談所からも紹介を受けられるということです。
この大手ネットワークは侮れなく、
最近では大手情報サービスの会員数をしのぐネットワークも誕生しています。

費用は、入会金が5~10万円、月会費が1万円、お見合い料が5,000~1万円程度が一般的。
成婚を重視しているので、成婚料が15~30万円としている場合が多いです。

細かいサービス内容はそれぞれ異なりますが、サポート体制がある場合がほとんどです。
中小規模の特色を生かし、細かい点までサポートしてくれるのが特色です。
ただ、カウンセラーの腕次第といったこともあるので、注意が必要。
親身になってくれるカウンセラーと巡り合うかどうかも大事な要素になりそうです。

カウンセラー次第といっても、成果報酬型なので、一定のサービスの質は期待できると思われます。
客観的な立場でアドバイスをくれるのもメリット。
自分だけではちょっと自信がない、専門家と二人三脚でという人に向いているでしょう。

3.インターネット型

全てが、インターネット内で完結する結婚相談所のことをいいます。
婚活サイトもこれにあたります。
そのサービスに登録し、プロフィール作成、会員検索、相手にアプローチ、
コミュニケーションと行動の全てを自己完結で行います。

費用は、月会費数千円のものがほとんど。
コストを下げ、一定の料金で活動できるのがメリットです。
ただし、そのサイトによって登録者の男女比や年齢構成、地域構成など特色がかなり異なるので、事前のリサーチは必須です。
コストはあまりかけたくない、自分ですべて行動するという人に向いているでしょう。

まとめ

結婚相談所といっても、以上3つのように、特色は大きく異なります。
広告に惑わされずに、しっかりとリサーチし自分に適したサービスを選ぶ必要があります。
共通しているのは、費用がかかることと、(費用がかかるだけに)真剣度が高いことです。
しっかりと検討したうえで入会を決めても遅くはないでしょう。