結婚率

40代の婚活は現状認識も必要です

このブログは、30代後半から40代の方を意識して綴っております。
既に婚活に励んでいる方、これから婚活を始めようと考えている方もいることでしょう。
ただやみくもに励むだけでは、婚活の成功率は上がりません。
時代背景や現状の婚姻事情を理解し、適切な行動が必要です。

現状の40代の結婚率はどうか?

2010年の『国勢調査』によると、40~44歳の結婚率は、
男性 3%
女性 2%
という、驚異の結果です。数字だけ見れば、40代の結婚はほぼ不可能という結果です。

生涯未婚率の上昇も男女共に歯止めが止まりません。
この数字に更に離婚する人も加わってきます。
このままでは、日本は「独身王国」になることでしょう。

40代の結婚率がたった数パーセントという現状を知ると、諦めたくなる心情になるのは無理のないことです。
しかし、簡単に諦めていいのでしょうか?
各調査機関や大手結婚サービスの調査によると、
40代で実際に婚活していると回答した人は多くて30%、大半は10~20%前後です。
言い換えれば、40代独身者の80%以上は結婚に対し、何の行動もしていないということです。

まとめると、何もしなければ、40代の結婚は不可能に等しい。
しかし、行動すること、すなわち婚活によって可能性は確実にあがるということです。

徹底的に調査・分析を

国勢調査のこの結果が出てから、「35歳結婚限界説」という文字をよく見かけます。
大手結婚相談所によると、お見合い成立率は40歳を境に10%以下に激減するそうです。
このお見合い成立率とは、あくまでお見合いになったということであり、交際より手前の話です。
これらのことからも、婚活市場においても40代は不利であることは事実です。

先ほど、40代の結婚は婚活が必須と述べましたが、
考えなしに行動するだけでは可能性は上がらないでしょう。
40代の婚活は、社会の現状を把握し、徹底的に分析したうえで行動に移すことが必要です。

徹底的な分析・調査が婚活の成否を決めるでしょう。
億劫なことかもしれませんが、婚活の成功の可能性を上げるということは、成功までの時間の短縮や投資する費用を抑えることに直結します。

例えば、結婚相談所を検討するとします。
検討する項目として、規模や会員数も気になるでしょう。
でも、自分が成婚しなくては全く意味がないのです。
自分と同じ世代の会員数はどうか、自分と同じ世代の男女比や成婚率はどうか、自分と同じ地域の会員数はどうか、
相談所との連絡ツールは自分にとって便利なものかなど、現状の自分にとって有益か細部まで検討すべきです。
会員数が多い大手より、無名だけども40代に力を入れている相談所の方が、自分にとってベストな場合があるわけです。

そして、前向きな行動を

ノープランの40代の婚活は時間も費用もただ無駄になるだけです。
自分を活かせる手段を徹底的にリサーチしましょう。
そこまでいけば、後は行動のみです。
そこからは、積極性が重要です。

待っていても、出会いを誰も提供なんてしてくれません。
仕事も忙しい40代になればなおさらです。
忙しい40代に出会いがないのはごく当たり前のことなのです。
自ら踏み出し、行動することで成功をたぐり寄せましょう。