食事代の支払い

婚活パーティー後の食事代はどうするか?

婚活パーティーでカップルになった場合、帰り際にお茶でもというのは自然な流れです。
もし、お互い時間に余裕があれば食事にということもあるでしょう。
食事代の支払いはどうするべきかと考える人は意外に多いです。
今回は、パーティー後の食事代を例に考えます。

男性は全額負担するつもりで誘いましょう

婚活パーティーでカップルになり、食事に行きましょうと男性が誘うのことが多いはずです。
男性は誘うからには、パーティー後の飲食代は全額払うつもりで行くのが礼儀です。
パーティーで自分を選んでくれたお礼、食事の誘いに応じてくれた敬意としてです。
男性は時には見栄も大事です。セコイという印象だけは植え付けないほうが得策です。

女性はセコイ男性を生理的に嫌う傾向があります。
これは、女性の本能的な部分もあるかと思いますが、ケチな男性を嫌いという意見は圧倒的です。
特に、最初の食事で(デート)で、ケチなイメージがついてしまうと今後挽回するのは困難です。
これから先、付き合ってもお金に苦労するし、何より楽しくないと思われるだけです。

ネットの記事などで、1円単位で割り勘にする男性についての批判がよく載ってます。
ネタでしょと思っていましたが、ところがこれも最近よく聞く話です。
飲食店で交際中らしき男女が割り勘している光景もよく見かけます。
交際中ならまだしも、最初の食事は男性が支払うのが無難です。

それでも、費用負担が厳しいのなら、パーティー前に周辺を調べておくべきです。
調べれば、安くても雰囲気のいいお店や美味しいお店はあるものです。
努力もしないでケチるのは論外です。
本気で相手を探すつもりはあるの?と疑ってしまいます。

女性は奢ってもらうのをあたりまえと思っちゃダメです

パーティー後の食事代を男性に払ってもらったら、女性はきちんとお礼の言葉を伝えましょう。
あたりまえでしょと思われる方も多いかと思いますが、いやいや。
この礼儀が出来ていない人が、多いのも事実です。
これは私の経験だけでなく、婚活パーティー参加経験のある男性が多く述べる感想です。

男性もここはよ~く見ています。
会計時や会計後にあたりまえのような態度をされたら・・・、幻滅する男性は多いです。

私の知人にこんな話がありました。
パーティーでカップルになり食事に行き、楽しく過ごした。
会計を済ませていると、相手の彼女は特に挨拶もなく、出口でLINEに没頭していたと。
その後も礼もないので、冷めるどころかありえないと彼は言っていました。

意外かもしれませんが、こういう女性が多いのも現実です。
悪気はないのかもしれませんが、全く伝わっていないのです。
たった一言「ごちそうさま」だけでいいのに。

男女共仮交際ということを理解するのも必要

婚活パーティーでカップルになったといっても、交際開始ということではありません。
交際まで発展するかもしれないし、しないかもしれないという仮交際の間柄です。
先輩後輩の関係でも上司部下の関係でもありません。
立場はあくまで対等なんです。
男性も女性もお互いあくまで対等な関係だと理解しましょう。

そう考えると、割り勘の理論も一理あるのです。
おいおい、さっきの話と矛盾するかと思われるでしょう。
ただ、単純理論だけでは発展しないのが人間関係です。
そこを、男性の誠意でカバーしましょうということです。

女性も男性の誠意で出してもらっているということを理解しましょう。
本来、婚活で出会う男女は対等なものだと理解できていれば、感謝する気持ちが湧くことでしょう。
感謝が伝わることで、また誠意を尽くしたくなる心理が生まれます。
対等という無機質な関係が、誠意と感謝という感情が加わることでお互いの関係性が発展するのではないでしょうか。