単純接触効果

婚活にも活用したい、単純接触効果とは

婚活や恋活において、初めて出会う人に警戒心を多少なりとも抱えてしまうのは仕方のないことです。
警戒心が消えなければ、せっかくの出会いも発展しません。
お互いが警戒心を解き、好感度を上げるにはどうしたらいいのでしょうか?
実は、単純に会う回数を増やすだけで心理的効果が期待できるのです。

単純接触効果とは

単純接触効果とは、1968年アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが論文で発表した心理効果のこと。
人間は繰り返し接すると、好感度や印象が高まる心理的特徴があるといわれています。
人は誰でも、初対面の人に対して警戒心を抱きます。
しかし、くり返し接することで警戒心が消え、好感を抱きやすくなるということです。

テレビタレントがわかりやすい例でしょう。
初めは印象が薄くても、何度も画面で観ることにより親しみを感じ、好意的に受け止めやすくなります。
頻繁にテレビに出演している売れっ子タレントが、好感度ランキングで上位を占めることでも明らかです。

CMも同じです。
テレビなどで繰り返し見ることによって、記憶に残り、更には購買心が刺激されてしまうわけです。
販売戦略というのは、こうした単純接触効果を巧みに利用しているのです。

次に日常生活で考えてみましょう。
同じ人を何度も見かけるうちに、気になるようになってしまったということは今までなかったでしょうか。
例えば、通勤電車で毎日同じ電車に乗る人、よく行くお店の定員さん、仕事でよく合う人などです。
これも、単純接触効果の一例です。

同じ学校や会社、習い事が一緒というのも同様です。
何度も会ううちに無意識に警戒心が消え、好意的に相手を捉えやすくなるのが人間の心理的特徴です。
成婚者の出会ったきっかけが「同じ職場」や「同じ学校」が変わらず上位なのも納得できます。

会う時間の長さよりも会う回数

では、この単純接触効果を婚活・恋活に活かすにはどうすべきでしょうか。
第一に重要なのは、会う時間の長さより会う回数を重視すべきということです。
一度の長時間デートよりも数回の短時間のデートの方が効果的です。
婚活デートの場合、一日かけて遠出するより食事デートが効果的といえるでしょう。

食事デートのメリットとして、短時間であるということ。
短時間であれば、相手に心理的な負担をかけずに誘えます。
ハードルが下がれば、相手も応じやすくなるでしょう。
出会って間もない期間は、一度に距離を縮めることより、会う(接触)回数を増やしたほうが効果的です。

会えない時、補助的ツールとなるのがメールやLINEです。
接触効果を考えれば、十分効果的です。
メールも一度の文章量より、回数が多い方が効果的です。
しかし、メールはあくまでも補助的な非対面のツールです。
実際に対面する程の効果はないことを忘れないようにしましょう。

第一印象が大事

単純接触効果でその効果を活かすには、前提として第一印象が悪くないということです。
好印象といかなくても、最低限嫌じゃないということが必須です。
悪印象ということだけは避けたいものです。

それは、単純接触効果というのは逆効果もあるからです。
第一印象が悪かった場合、会う回数(接触回数)が増えるに比例してより印象が悪くなることがあるのです。
同じ職場など、頻繁に会う機会がある関係性であれば、今後印象が変わる可能性もあります。
そのような環境でなければ、挽回することは難しいと言わざるを得ないでしょう。

やはり、第一印象は婚活・恋活では避けては通れない問題ということです。
ルックスの良し悪しということではなく、相手に不快感を与えないことが大切です。
清潔感を保つということも大事な必須条件です。
婚活・恋活はルックスが良いほうが有利に見えますが、実際はそれほどでもありません。
それは、私が実際に婚活パーティーを主催するようになって毎回つくづく感じていることだからです。

婚活パーティーがきっかけで、異性と知り合った、そして連絡を取り合ったり、食事に行く間柄。
この時点のあなたへの印象は好印象なはずです。
第一印象から印象は悪くなっていないということになります。
だとしたら、このまま好印象をキープすることがポイントとなります。

婚活・恋活で知り合った人と続かない・・、これはよく聞く悩みです。
1度で連絡が途絶えることが多いのなら、短時間で2回会うことを目指す。
2回会って途絶えることが多いのなら、今までよりも短時間で3回会うことを目指してみてはいかがでしょうか。
単純接触効果を利用し、会う時間よりも会う回数を重視してみるのも方法です。
この方法は、人見知りの方や口下手の方にもオススメです。