出会いがないと嘆く前に

「出会いがない」と嘆く前に考えよう

30代、40代となると、仕事に追われる日々をお過ごしの方も多いかと思います。
仕事や趣味など、生活には充実感を感じているものの、反比例するように「出会い」はどんどんなくなってしまった。
そもそも、このアンバランスはなぜ起こってしまうのでしょうか?
ここでは、その要因を考えてみたいと思います。

現状の独身者の実態は

国の機関や大手結婚相談所など様々な機関が独身者へのアンケートを実施しております。
どの機関でも結果が同様なのは、「なぜ結婚しないのか?」という質問です。
どのアンケートでも、第一位は「めぐり合う相手に出会えなかった」という答え。
いずれも、半数以上の独身者が答えています。
これは、年代が進むにつれ、その傾向が強い結果が出ております。
完結に結論づければ、

社会人には出会いがない

ということがいえるでしょう。
言い換えれば、「出会いがないこと」は恥ずかしいことでも、個人的なことでもなく、
ごくごく一般的なことと言えるでしょう。

なぜ「出会い」は減ってしまったのか?

同じく各アンケートの「結婚した相手との出会いのきっかけは?」という質問に対し、
・職場や仕事関係
・友人や知り合いの紹介
という、2つの回答だけで、全体の約60%を占めます。
既婚者の大半は、身近な人間関係の中から、相手を選んでいるということが分かります。

まずは、職場関係。
大企業ならともかく、日本の企業の大多数は中小企業がしめます。
人が多い職場でも、男性ばかりの職場、女性ばかりの職場もあるでしょう。

職場での出会いとは、置かれる環境によって決定的に左右されてしまいます。
従って、個人の努力ではどうにもならないことなのです。

そして、年齢とともに責任ある役職を任される機会が増え、後進を指導しなくてはならない立場にもなることでしょう。
周囲や職場の人達から、責任ある立場のある人と見られます。
その中で、仕事と恋愛を両立させることは難しいことです。
くだけた言い方をすれば、「部下にちょっかい出すのは難しいでしょ」ということです。

次に友人からの紹介。
学生時代でしたら、あまり望んでなかったとしても、合コンなど舞い込む機会もあったかもしれません。
しかし、社会人となれば、
こちらからお願いでもしない限り、機会は減少するはずです。
更に、仲の良い友人たちが結婚してしまったら・・・。
機会は
減少どころか、皆無になってしまうことも不思議ではないのです。

以上、2つの項目だけ見ても、社会経験を経れば経るほど縮小傾向にあることがわかります。
「出会いの2大項目」の機会減少が
出会いがなくなっていることの要因です。
したがって、出会いの減少は外的要因に支配される、ということも大きいというわけです。

では、「出会い」の機会を増やすには?

上記で「出会いの2大項目」について触れました。
30代・40代となるとこの2項目、すなわち60%の機会の可能性は少なくなるのは必然です。
この60%をどのようにして代換えしていくかが課題になります。

同じく各アンケートの結果によると、
「めぐり合うきっかけがない」と答えた人の約70%が「何も行動してない」と答えてます。
この結果が、初婚平均年齢や未婚率の上昇に歯止めがかからない直結した理由でしょう。
機会の減少→動かない→出会いがない
これが、データ上からわかる、一般的な未婚者の現状でしょう。

これらをまとめると、
・出会いは待っていても来ないということ
・出会いを得るには行動する以外にないこと

となります。
この60%の壁は、自分で行動することで打開する必要があります。
キッカケを自分から掴みに行かなくてはならないのです。

そのために、自分に合うツールを探せばいいわけです。
現在、お一人で行動しやすいツールも日々増えてます。
これらを活かさないことは、機会の放棄ともいえるかもしれません。
行動するかしないかで、出会いの可能性が全く変わります。
まずは、行動!これが全てです。