婚活ハズレ世代

婚活ハズレ世代の厳しい現実?

先日、TVで「婚活ハズレ世代の厳しい現実」という内容で放送されていました。
私も観ましたが、あてはまる部分もあれば、いかにもテレビ的な煽りと感じてしまう部分も目につきました。
ここでは、婚活ハズレ世代は本当に厳しいのか考えてみます。

婚活ハズレ世代とは

婚活ハズレ世代とは、30代から40代前半の女性のことを指すようです。
番組によると、婚活市場に20代女性の参入が増えている。
結果、30代40代女性が不利な状況に追いやられているとのことです。

まず、ネーミングは問題です。
れっきとしたセクハラ用語ではないのかと思ったのは私だけでしょうか。
番組の一企画なので、よりインパクトのある名称を狙った感がミエミエです。

今回、女性のことを中心に番組は構成されていましたが、男性も同様です。
確かに、婚活業界において、30代・40代のミスマッチはここ最近の問題です。
それはなぜでしょうか?

男性は年齢、女性は年収がミスマッチの原因

番組では、ある婚活パーティーが紹介されていました。
そのパーティーは20代・30代が参加条件。
女性の参加者が男性より多く、
フリータイムで30代女性は男性に話しかけられない光景が映し出されていました。

さすがにこれはやりすぎでしょ、というのが私の感想です。
そこの会社のパーティーに何度も参加しましたが、そんな光景を見たことはありません。
もし、女性が多かったら、参加費用の高い男性に、メールや電話で営業かけまくるはずなのですが・・。

しかし、傾向としては決して間違ってない部分もあります。
婚活中の男女の特徴として、男性は相手の年齢を、
女性は相手の年収を理想条件にする傾向が強いのは事実です。
特に、アラフォー世代にはこの傾向が強いといわれています。

より費用負担の重いツールでその傾向は顕著に現れます。
婚活パーティーより婚活サイト、婚活サイトより結婚相談所といったぐあいにです。
当然、多くの出費をすれば誰しも負担分と同等のものを求めるのは当然です。

しかし、婚活サービスというのは、人同士のマッチングであるため、
必ずしも料金に見合う成果がでるとはいえないのです。
決して、保証できるものではないのに高額設定なのが婚活業界の抱える矛盾です。
この矛盾に惑わされ、現実的でない理想を抱いてしまうのがこのミスマッチの原因です。

婚活ハズレ世代なんて、頭を使えば吹き飛ばせます

今回、婚活ハズレ世代と言われた30代・40代も考えなくてはいけないこともあります。
2014年3月、大手生保の調査機関が全国の20~49歳男女3,616人に対し、
「結婚」についてのアンケートを実施しました。

その中で、「結婚願望の有無」について問われ、「ある」と答えた割合は、
【男性】20代・・・70.5%
30代・・・63.5%
40代・・・61.5%
【女性】20代・・・86.4%
30代・・・73.2%
40代・・・57.7%という結果がでています。

男女共20代の結婚願望が高いことが特徴です。
特に、20代女性の中で約40%が「婚活経験あり」と回答しています。
より結婚を現実的に捉え、実際に活動を始めている実態が見えてきます。

テレビでも20代女性が婚活の場に増えてきているとありましたが、データからもその事実がわかります。
今の30代40代が20代の頃と比べても圧倒的に高い数値です。
20代男性の「婚活経験あり」は23%にとどまりましたが、
同世代の女性に引っ張られる形で今後増加することも予想されます。

そうなれば、ますます30代・40代が不利な状況に追いやられます。
単純に考えれば、婚活は年齢が若い方が有利です。
20代と一緒の土俵で普通に活動しているだけでは、芳しくない結果が出て当然です。
先を見据え、行動を開始している下の世代がいることを踏まえ、今後行動しなくてはいけません。

一旦、自分の価値観を見つめ直し、その上で自分に有益な情報収集が必要です。
溢れる情報に惑わされず、自分が活きるツールを選択すべきです。
30代・40代の婚活は頭を使った行動が必要な時代になってきています。
情報収集力と行動力、これさえあれば婚活ハズレ世代なんて言葉はすぐに風化できるでしょう。