バツイチ婚活

バツイチだからこそ婚活を

現在、日本の離婚率は全体の三分の一を超えました。
離婚は現在、他人事ではないごく普遍的なことになったともいえるでしょう。

それに反し、婚姻数全体のなかで、両者あるいは一方に婚姻歴のある婚姻率は30%以上あるデータもあります。
データからみても、再婚も、現在の婚活市場のなかにおいて、あたりまえの事項になりつつあるのかもしれません。
現在、「バツイチ&理解者編」と題した婚活パーティーも盛況です。
価値観が変わりつつあるのが現在といえるでしょう。

バツイチは有利か不利か?

まず、バツイチであるという経歴だけで考えると、婚活市場全体の中では不利です。
お子様の有無などでも、状況が変わってくるのは事実です。
これは、婚活市場全体となると、初婚の人の割合が多いため生じる結果といえます。

ただ、先ほど述べた、「バツイチ&理解者」限定の婚活パーティーなどにおいては、状況が一変します。
婚姻歴のある人、あるいは婚姻歴は問わない人の集いですから、全く引け目に考える必要がなくなるわけです。
あるいは、婚姻歴のある人の登録が多い婚活サイトや結婚相談所も増加しています。
それらは、全員が婚姻歴があるわけではないことを考えると、
「相手の婚姻歴を気にしない」人が増加しているのがわかります。

したがって、やみくもなバツイチ婚活は不利ですが、
自分を活かし、自分を理解してもらえる環境さえ選べば、有利になるという結論です。

経験も財産になる

バツイチということで、引け目を感じている人は多いはずです。
あまり、気後ればかり感じることは自分の可能性を下げてしまいます。

大事なことは、離婚したという事実をしっかりと受け止めているかということ。
離婚に至った原因は人によって千差万別でしょう。
悩み苦しみ、決断し、立ち直り、そしてまた新たな相手を探すということは勇気がいります。
その勇気が自分の中で出てきたことを大切にするべきでしょう。

そして、バツイチの最大の強みは、「結婚の経験者」であるということです。
結婚をより理解している、ということです。
そして、相手に求める価値や相手への思いやりなど、経験を経て結婚に対する価値観も変わっているはずです。
決して望んで得た経験ではないかもしれませんが、より寛大な価値観になっているはず。
これらの人生経験をして得た経験の厚みは、初婚者には持ち得ない財産といえるでしょう。

よく、バツイチはモテるという言葉をよく耳にします。
これは、経験を受け止め、反省を含めて財産にしているからこそでる人間的な魅力が人を惹きつけるのではないかと思います。

実際、私の周りでも、他の独身者よりモテるバツイチは男女問わず多く存在します。
こうしたことからも、「婚姻歴を問わない」人が増えていることにつながるのではないでしょうか。

気をつけたいこと

バツイチ婚活で気をつけたいことが2つあります。
まず、

過去の相手のことを悪く言わないこと

ただでさえ、悪口言っている姿はよく見えないものです。
ましてや、結婚した相手への批判ばかりでは、人のせいにしかできない人物にしか見えません。

本来、そう決断したのはご自身なのですから。
そして、

隠さないこと

言いづらい事ですが、早めに伝えるべきでしょう。
出会ったお相手が初婚の方なら、多少は動揺するはずです。
後付けになればなるほど、動揺が強くなってしまう可能性があります。
今の自分をより知ってもらうためにも、早い段階で伝えることがオススメです。

もし、そのことで断られてしまったら・・・。
ショックですが、縁がなかったと切り替えるべきです。
より、ありのままのあなたを理想としてくれる人は必ずいるはずですから。