友人からの紹介

友人からの紹介のメリット・デメリットは?

既婚者の結婚したきっかけで、必ず上位に入る答えに「知人・友人からの紹介」があります。
簡単にいえば、身近な知人や友人に異性を紹介してもらったということです。
そのきっかけから、交際→結婚に発展したということ
です。
婚活の場においても、「紹介」も一考してみる価値はありそうです。

友人からの紹介のメリット

【信用している友人からの紹介である】
この場合、最大のメリットは自分の信用できる友人からの紹介であるということです。
多少雑な言い方をすれば、自分と親しい友人が身元不明な人を紹介しないだろうということです。
そして、信用している人からの紹介なので、初対面でもお互い心が開きやすいということもいえます。

異性の紹介に限らず、日常でも同じことがいえます。
例えば、親しい友人が「あのお店美味しいよ」とか「あの温泉穴場でよかったよ」などと教えてくれた時、
どのように思われるでしょうか?
「それはどうかな?」と最初から疑ってかかることより、「なるほど」と参考にするのが自然でしょう。
このように、信用できる友人からの紹介はお互いに安心でき、心を開きやすいというメリットがあります。

【事前にお互いのことが分かる】
次に、初対面の前に、相手の情報を把握できるというメリットもあります。

普通、紹介されるにあたって、「どんな人?」と紹介者に聞きますよね。
紹介してくれる友人は、両者を知っているわけですから、相手がどんな人か教えてくれるでしょう。
人柄、雰囲気など相手の予備知識が多少でもあれば、当日緊張したり混乱することもないでしょう。

【紹介してくれる友人に相談できる】
友人からの紹介の場合、友人は引き合わせる二人のことを知っているわけです。
少なからず、二人は合うのではないか?と思って紹介してくれるわけです。
この段階で、お互いの好みから大きくはずれている可能性は低いでしょう。

そして、その友人はお互いの共通の知人でもあるわけです。
あ相手とのことを、相談しやすいというメリットがあります。
相談できる人がいるというのは心強いことです。

友人からの紹介のデメリット

【断りにくい】
紹介のデメリットもいくつか考えられます。
もし、紹介された相手がタイプでなかったり、どうしても交際は・・・と思ってしまった場合、
紹介してくれた友人に言いにくいのが普通の心情です。
もし、その友人が熱心に動いてくれたとしたら・・・、言いにくさは倍増です。

【人間関係に影響する可能性も】
交際に発展した場合はどうでしょうか?
順調な時はいいですが、お互いの仲が不調な時、更には縁がなく別れてしまったら・・・。
紹介してくれた友人は相手の知人でもあります。
身近な存在である、友人の同僚を紹介してくれたということも大いにあるでしょう。
紹介してくれた友人の人間関係を崩さないためにも、キチンと報告するのが礼儀でしょう。

実は紹介された時点で、人間関係が発生しているのです。
紹介してくれた友人含め、3人の人間関係が多少なりともできているわけです。
もし、相手との関係性が崩れたら、時に友人があなたに対し不信に思うこともあるかもしれません。
その場合、あなたと友人の人間関係まで変わってしまうこともありえます。

このように、紹介の場合、当事者だけの問題でなくなることもありえるというデメリットがあります。

状況に応じて紹介を活用しよう

・好意的に紹介をしてくれる友人がいれば、積極的に活用すべき
もし、身の回りに好意的に
紹介してくれる友人がいれば受け入れるべきです。
出会いの可能性を広げることはいいことです。
しかし、友人への感謝や礼儀を忘れてはいけません。
紹介しようと思ってくれるの友人は、あなたの魅力を知っている理解者なのですから。

・こちらから執拗に紹介を迫るのは、人間関係を崩すことも
出会いが欲しいからといって、友人に紹介を迫るのは避けたほうが無難です。
しつこく言われる方は堪りませんし、あなたへの心象が悪くなることさえあります。
無理に紹介されて、うまくいかなければ、その友人の人間関係にも影響する可能性すらありえます。

 

まとめると、友人からの紹介はガツガツ追い求めるものではなく、話があったら積極的に乗ってみる。
というのが、スマートな大人の対応ではないかと思われます。