ロールキャベツ系男子

したたかなロールキャベツ男子が増加中?

草食系や肉食系という言葉も一般的になりました。
○○男子や○○女子というキーワードは日々増加中なのかもしれません。
その中で、最近よく見かけるのがロールキャベツ男子です。
ここではロールキャベツ男子について説明します。

ロールキャベツ男子とは

ロールキャベツ男子とは、見た目は草食系、中身は肉食系の男性のことをいいます。
爽やかだったり優しそうな外見で人あたりがソフトなのが特徴。
実はしっかりした中身をもっています。
異性に対しても、一見奥手に見えますが、ふたりになると積極的になるのも特徴です。

ロールキャベツ男子は集団の中で、決して目立つようなことはしません。
飲み会の席を例に挙げれば、会場の隅で静かに飲んでいるタイプです。
飲み会の席では集団の輪を乱すようなことはせず、一見恋愛に興味がないようにさえ見えます。
しかし、好みの異性がいると行動は早く、アプローチは先ほどとは別人のように情熱的になるようです。

ロールキャベツ男子はモテる?

ロールキャベツ男子ははたしてモテるのか?
はっきりいってモテます。
個人的な見解ですが、ここ数年でその傾向は強くなったと思います。
優しそうな雰囲気と、ふたりになった時にみせる男らしさのギャップが人気の理由でしょう。

ロールキャベツ男子は経験豊富?

ロールキャベツ男子は表面は他人軸に、中身は自分軸と2つの軸を使い分けています。
これは簡単にできることではありません。
この使い分けを誤ると、ただの変な人になってしまいます。
豊富な経験がなければ、器用に使い分けはできないでしょう。
したがって、ロールキャベツ男子は全体的に恋愛経験が豊富といえるでしょう。

戦略的なしたたかロールキャベツ男子も増えている

ロールキャベツ男子を否定する気は全くありません。
その中であえてロールキャベツ男子を演じている輩がいるので注意が必要です。
その特徴は、
・腰が低い
・相手の話に合わせるのがウマイ
・個人戦が得意(友達が少ない)
・外見はとにかく穏やか、女性に奥手そうにみえる
・見かけによらず、女性の好みをよく知っている
・親しくなるまで優しいが、密接な関係になると離れる(飽きる)
・実は結婚願望ゼロ
などでしょうか。

このブログ上で、自己理解をし、対策が必要と再三述べています。
第一印象を改善したり、会話の内容を考えるのはいいことです。
ですが、彼らには違和感を感じてしまいます。
その違和感は何なのか考えていました。
おそらく、その先に見据えるものがないからだと最近確信しました。

異性に受け入れるための努力は凄まじいのでしょう。
その点には頭が下がります。
ただそこまでなんです。
本来の婚活・恋活の趣旨が薄れ、戦略ばかりになり、
その結果恋愛がゲーム感覚になってしまうのかもしれません。

残念ながら婚活の場でも、こうしたしたたかロールキャベツ男子に人気があります。
婚活パーティーでも同様な傾向があります。
女性にも見抜く力が必要です。
「こんな人とは思ってなかった・・・」とならないために。