新宿

【新宿】「40代・30代中心恋活飲み会」パーティー報告

男性11名・女性11名の皆様にご参加いただきました。

本日は40代・30代の方バランスよくお集まりいただきました。
都内中心に東京西部地区からお越しの方が多かった印象です。
ほぼ全員の方が初参加及び一人参加ということで心配もしましたが、皆様楽しそうにお話され、お話が弾んでいる様子が会場中で見られたので安心しました。
パーティー終了後はお帰りになる方もいましたが、時間のある方は二次会に行かれていたようです。

コンフェスタの「恋活飲み会パーティー」の参加者の約80%はお一人でのご参加です。
お一人で参加しやすいパーティーの運営を心がけております。
といっても、初めての参加で一人は不安だという方も多いのではと思います。
ここでは、なぜお一人で気兼ねなく参加しやすいかという理由をいくつかご紹介しておきます。

①完全着席制だということ

コンフェスタの恋活飲み会パーティーはお店の一角を貸し切って開催しております。
リラックスしやすい、掘りごたつタイプの個室を主に選んでおります。
着席した状態で、飲食しながら会話を楽しんでいただいております。
フリースタイルの立食スタイルではありませんので、気兼ねすることもありませんし、何気ないきっかけから会話を始めることができるというわけです。

席替えを一定の時間ごとに行いますので、平等に全員とお話できます。
一部の人だけが盛り上がり、流れに乗り遅れた参加者が会場の隅でつまらなそうにしている・・・、これはフリースタイルのパーティーでよく見かける交流です。
こうしたことを無くすためにも、全員着席のスタイルでのパーティーにしております。

➁婚活・恋活のイベントは一人参加が理にかなっているということ

確かに気心の知れた友人とイベントに参加するのは心強いでしょう。
婚活・恋活というのは、あくまで個人の活動です。
恋愛に発展、あるいは結婚を考える人を探す場が婚活・恋活のイベントです。
あくまで、自分個人の意思に基づいた行動が求められるわけです。
そう考えると、お一人での参加の方が効率的なのかもしれません。

具体的に述べるとこういうことです。
パーティーに参加し、二次会に誘われた。
自分は気になった異性がいたので行きたいが、一緒に参加した友人が乗り気ではない。
この時、どうしますか?

友人の意思を尊重して自分も帰る。
あるいは、気まずいながらも二次会に参加する、など選択を求められることになるでしょう。
このように、他者の意思や目を気にしなくてはいけないというのはマイナスです。
二次会に参加し、気になる相手と意気投合したのがきっかけで、運命が変わるかもしれません。
もし、友人の目を気にしてしまい、運命をみすみす逃してしまうことだって無くはないのです。

③参加者の大半は一人参加だということ

コンフェスタのパーティーは一人参加の割合が高いことが特徴です。
ほとんどの参加者は自分と同じ、一人参加ということをご理解いただけたら嬉しいです。
まずはパーティーが楽しいものでなくてはいけません。
それは当然のことです。

ただ、パーティーのテーマは今後に繋がるお相手探しです。
楽しむだけで終わらず、これをきっかけに、いいお相手が見つけられたらというのが重要なテーマなはずです。
同時に、婚活・恋活の場では、自己判断が求められます。
正確な自己判断をするためにも、お一人の参加の方がいいのかもしれません。

といっても、やっぱり気まずいなあと思いますよね。
でも、気まずいのはパーティースタートの瞬間までです。
その気まずさを乗り越えた先に運命の出会いが待っているかもしれませんよ。