たこやきこん

たこ焼き婚活イベントに行ってみた

現在、様々な婚活イベントが開催されるようになりました。
その中で、個人的に興味があったのが「料理合コン」というもの。
調べると、予約も取りずらく人気のようです。
参加できるものはないかと探していると、「たこ焼きコン」というイベントを発見。
さっそく吟味し、参加を決めました。

イベント当日

WEB上で申し込みを済ませ、翌日参加費を振込みます。
会場は池袋駅から5分ぐらいのところとのことでした。
勢いで申し込んでみたもものの、料理は初心者です。
不安に思い、持ち物を確認すると、用意するものは特にないとのことでした。

池袋はあまり得意ではなかったので、時間に余裕を持って出発しました。
池袋に到着し、会場を探します。
周辺の道が細く、若干迷いましたが、会場となるビルを見つけほっとひと安心。

会場は綺麗なビルの一室でした。
到着し、身分証の確認を終え、部屋の中に誘導されます。
テレビなどでよく見かける料理教室をイメージしていましたが、会場はこじんまりした感じです。
マンションの一室でホームパーティー、といった感じでしょうか。

たこ焼きパーティースタート

会場に入ると、スタッフの方にカードを引くように促されました。
どうやら、グループ分けのカードだったようです。
引いたカードのグループに案内され、名札を作成しスタートを待ちます。

グループの構成は男性3名、女性3名の計6名。
一つのたこ焼きプレートをその6名で囲みます。
そうしたグループが4つありましたので、参加者は男性12名、女性12名の計24名というわけです。
その回は、年齢層は、男女共20代が大半でした。

いよいよ開始です。
はじめに、スタッフの方から進行についての説明があります。
説明が終わると、分担して材料や飲料を取りに行きます。
具材や道具などは全て段取りよく準備されていました。

説明をよく聞いていれば、誰でも簡単に取りかかれます。

たこ焼きプレートに具材を流し込みます。
焼けるまでの間、時間があるので、あらためて自己紹介です。
共同作業の効果でしょうか、とても和やかな雰囲気で会話が進みます。
プレートを囲んで、6名で和気あいあいと話しているとたこ焼きもいい感じになってきました。

完成したたこ焼きをみんなで取り分け、実食です。
自分たちで作ったこともあり、美味しく感じます。
感想などを言い合ったりと、自然な流れで会話も盛り上がります。
そうこうしているうちに、あっという間に30分ぐらい経過していました。

たこ焼きパーティー後半

グループのメンバーで実食が終わると、メンバー交換の声がかかります。
女性はそのまま、男性3名がとなりのたこ焼きプレートに移るといった流れです。
こうした流れを4回繰り返し、全員と交流できます。
さすがに4回たこ焼きはキツいなと思いましたが、後半は変わり種、スイーツと飽きさせない工夫がありました。

こうして、4セット繰り返し、イベントも終了です。
用意などもあるので、3時間ぐらい経過していたかと思います。
マッチングなどはないため、各々気になった方と連絡先を交換して退出します。
私は30代前半の方と交換し、池袋を後にしました。
残念ながら、連絡がくることはありませんでしたが・・・。
個人的には、とても楽しいイベントだったので満足でした。

まとめ

たこ焼きイベントに参加して感じたことは

・口ベタ、料理初心者が参加しやすい
段取りは主催者側が完璧に準備してくれるので、料理ができない人も気軽に参加できます。
準備や調理など、共同作業が多いので、自然に話す機会が多くなります。
したがって、話すのが苦手な人も参加しやすいでしょう。

・婚活というより恋活色が強い
イベント色が強く、誰でも楽しめる内容なので、
出会い重視というよりは、楽しむことを重視というスタンスの方に向いているかもしれません。
私の参加した会は20代が中心でした。
実際の内容も、20代向きかもなあと感じました。
恋人作りより、友人作りに適しているでしょう。