婚活パーティー体験談(横浜)

横浜開催の婚活パーティーに行ってみた

一昨年の春のことです。当時私は39歳、さすがにこのままではマズイと焦っていました。
仕事はそこそこ順調。管理職として、日に日に増える業務を抱え、休みも取りずらい状況でした。
30代前半の時は、結婚はいずれできるだろうなどと、簡単に考え、仕事中心の毎日に満足しておりました。
安易な考えのまま、時はあっという間に過ぎ、気づけばアラフォーど真ん中。
仕事中心の毎日に出会いなんてものは当然ありません。

仲のいい、同世代の友人も、既婚者であったり、仕事が忙しかったりで、紹介をお願いするということもできません。

そうだ、10年以上前に参加したことのある、「カップリングパーティー」はないだろうかと思い出し、早速パソコンで検索してみました。
どうやら、現在は「婚活パーティー」や「お見合いパーティー」という名に変えて開催されていることを知りました。
首都圏で開催し、複数の地域で開催しているパーティー会社をいくつかピックアップ。

比較的、仕事が早く終わる日を調べると、その日は横浜で営業で終了の予定。
その後、横浜で参加できる婚活パーティーがあることを知り、思い切って申込みました。

申し込みはNETで

申し込みは、サイト上で簡単にできました。
送信後、即返信メールが送信され手続き終了。
以前なら電話しかなかったことを思えば、便利になりました。

いよいよ当日

パーティー当日です。横浜駅から会場に向かいます。
若干わかりずらかったものの、会場となるビルに到着。いわゆる雑居ビルというやつです。
ここで大丈夫かと不安を抱きながら、エレベーターで会場まで。
その会に着くと、運営スタッフに出迎えられ、受付です。
スタッフの方も、ビシッとスーツ姿なので、こちらも背筋が伸びました。
受付を済ますと、スタッフの方に誘導され、席まで案内されました。
開始まで5分前ぐらいだったでしょうか。既に大半の方は受付を済まされて着席されていました。
男女とも、自分の想像以上にレベルが高かったことを覚えております。
書いておいてくださいと言われた、プロフィールカードを記入しながら開始を待ちます。

パーティー開始

緊張がとけないまま、パーティー開始です。
参加者数は男女とも20名前後だったかと思われます。男女比はバッチリで偏りはありませんでした。
司会の方が、会の流れを説明されます。
理解はできるものの、何がなんだかわかりません。
もう少し予習しておけばよかったと思いつつ、スタートです。
目の前の女性と、プロフィールカードを交換し会話スタート。
初めは、何を話していいかわからず、少しテンパりながらの会話です。
やはり、初対面の人との会話は緊張するものです。
そうして、全員と数分の会話を繰り返し、ようやく自分が最初座っていた席へ。

中間印象

ここで、中間印象投票とのこと。
中間印象?と躊躇していると、全員とお話しした中で、上位6名を番号で記入することをようやく理解しました。
ここでも、トラブル発生です。緊張もあり、話すことに必死で、番号とお名前が一致しない。

記憶が混乱し、軽いパニック状態です。
何とか、記入し、カードを提出しました。

フリータイムへ

進行はフリータイムへ進みます。ここからは希望の異性とお話くださいとのこと。
数セット繰り返すと説明がありました。
「それでは、どうぞ」
の司会の方の声と同時に男性陣が動きます。
みんな、動きが早い、早すぎる・・・。呆気にとられ、ボーッとしていると、何人にもぶつかられました。

前半のフリータイム中に、スタッフの方から、一枚の紙を渡されます。
何?と思いながら、その用紙を見てみると、先ほどの中間印象の結果のようです。
お話中にじっくり見るわけにいかないので、一区切りした際にじっくり見てみました。
そこには、自分が希望した人とのカップルの可能性やライバル数、自分を記入してくれた人の番号まで記載されておりました。
ここまで詳細なデータが!と今の婚活パーティーに驚きを隠せません。
残念ながら、自分を記入してくれたのは1名のみ、現実の厳しさを突きつけられました。

落ち込んでいる暇もないまま、後半戦スタートです。
先ほど、学習したので、一歩を早くして、印象のよかった女性に話しかけます。
その後、中間印象に書いていただいた女性にも話しかけてみました。
そうして、慌ただしいままフリータイム終了です。

最終投票へ

フリータイムが終了したら、即座に最終投票カードの記入です。
第三希望まで記入とのこと。
印象のよかった、女性を第一希望、第二希望へ。中間印象を書いてくれた女性を第三希望に記入し提出。
5分くらいの集計時間を待ち、パーティー終了です。
どうやらこのパーティーは全体での結果発表はなく、個別に発表するようです。
まず、男性陣が退出を促され、受付で自分の名札と封筒を交換しました。
この封筒の中に、結果が入っているようです。
エレベーターの中では、見づらいので、降りて少しドキドキしながら開封です。
何か入っている!!と、思いよく見てみると、割引券でした・・・・、残念。

久々の横浜だからと自分をごまかし、家系ラーメンを食べて退散です。

反省点

10数年ぶりのパーティーは大惨敗に終わってしましました。
反省点は無限にあげられるのですが、何より、わかってないまま参加してしまったこと。
参加後、参加したパーティー会社のHPに進行内容は詳しく出ておりました。
よく確認もしないで、現場でオロオロしてしまったのが全てでしょう。
自分もよく覚えてないのに、相手に選ばれようというのも虫のいい話だとも思いました。
しっかり対策を立てて臨まなくてはとも痛感しました。

ほろ苦い、「婚活パーティーデビュー戦」となったわけです・・・・ 😥